ドラえもんシティindex HP製作講座

最近は、パソコンの普及、インターネット加入者の増加により、インターネットサイトが次々と立ち上がっていく。
あなたも、HPを作ろうと考えているのではあるまいか。 このページでは、管理人の経験と独断による、HP製作のアドバイスを伝えていこうと思います。
さあ、このページを見たら、あなたのHP完成への一歩前進になりますよ! 多分(ぉ



第一章まずは基本を学ぼう

HPの制作方法

HP製作の基本はメモ帳です。
え? メモ帳でどうやって作るかって?タグを打つんです。タグです。タグ。タグっていうのは、HPのソースとも言いますね。

<meta name="ProgId" content="FrontPage.Editor.Document">
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=shift_jis">
<title>HP作りましょ</title>
</head>

とかいう感じです。メモ帳のタグなら、いろんなことができるため自由性が高いです。
えっ? そんな複雑なもの、覚えられない? もっと簡単に作れるものは無いかって?ありますよ!

それは、HP製作ソフトです!これさえあれば、打ち込みたい文章を打ち込み、画像を貼り付けてリンクをつければ、あっというまにHPができます。
ただし、HPソフトは有料です。僕はフロントページを購入しましたが、アカデミックパックでも6千円以上でした。

どうしても無料で、なおかつ簡単にサイトを作りたい場合は、Yahoo!のジオシティーズがオススメです。
デザイン、プロフィール、メールアドレス、おすすめサイトを入れるだけで、index、プロフィール、メールフォーム、リンクが作れちゃいます。
ただし、拡張するにはHTMLタグしかないので、HTMLタグを知らないと、それっぽっちのサイトになってしまいます。
ジオプラスに登録すればHP製作ソフトがもらえますが、ジオプラスは有料です(BBの会員を除く)。

また、マイクロソフト社製のワードでも製作できるようです。
こちらはジオシティーズよりは使い勝手が良いみたいですが、HP製作ソフトよりは劣ります。

 

それぞれの利点、欠点のまとめ

  自由性 使いやすさ 料金 備考
メモ帳 とても高い とても使いにくい 無料 メモ帳なら、パソコン一つで製作可能
HP製作ソフト 高い やや使いやすい 有料 値段は安くても一万円前後(アカデミック除く)
ジオシティーズ とても低い 使いやすい 無料 ジオプラス(有料)なら製作ツールがもらえる

サーバーについて

サーバーとは、HPを置くスペースのことで、これがないとWeb上に公開できません。
これまでのサーバーは、自分の家にサーバーを置くものでしたが、最近はレンタルサーバーという、サーバーの一部を貸してくれるサービスもあります。
ただし、レンタルサーバーは、スペースを貸す上で、利用者に何らかの負担させることが多いので、注意してくださいね。

下に、あらゆるサーバーの種類と特徴をまとめてみました。参考にしてください。

サーバー 料金 スペース 利用者の負担 備考
ジオシティーズ 無料 50MB 広告表示 特に無し
月額/525円 300MB 利用料金 サーバーから、HP製作ツールが配布される。
トク2
おすすめ!
無料 無制限 広告表示 アマゾンの広告を貼り付け、収入を得ることができる 。ただし成功報酬例(後述)なので注意。
年額/3700円 利用料金
2style 無料 100MB 広告表示 特に無し
月額/525〜3150円 100〜200MB 利用料金 月/3150円で容量が200MBになる
使えるねっと 無料 無制限 広告表示 50MBから追加可能(無料)
年額/2400円 利用料金
自作サーバー 設置:15万円前後 機種による サーバーの管理 一番使い勝手が良く、一番手間がかかる種類 。パソコンの専門家じゃないとまず無理。



第二章 サイトの製作

サイトの種類と必須用品

まずは、どんなサイトを作りたいか考えるのが大切です。どんなサイトが作りたいかわからなければ、もともとサイトは作れません。
とはいっても、サイトの種類は色々なものがあります。ここでは、その中でもポピュラーなタイプの物を紹介します。
これ以外のジャンルのサイトを作る場合は、ここを参考にしながら自分で考えてください。

小説中心系サイトを作りたい!

これだけは揃えろ!:メモ帳、サーバー
できれば揃えたい:上に加え、ワード、HP製作ソフト
なくてもいいがあると便利:ペイント、画像形式変換ソフト

アドバイス:
メモ帳、サーバーは必須です。これらがないと、HPが作れません。
サーバーはそれほど容量は大きくなくても良いですが、画像つきの小説を作る場合は計算に入れておきましょう。
小説は、メモ帳で製作できます。少なくとも、この二つはほしいです。
ワードは無くても構いませんが、メモ帳ではできない文字の強調、サイズの変更ができます。
HP製作ソフトは、HP製作初心者におすすめです。
ペイント、画像形式変換ソフトは、小説に画像を入れたいときに必要なものです。
これも、よほどこだわる人でなければいらないでしょう。

小説中心系におすすめのレンタルサーバー

ジオシティーズ 無料 50MB 広告表示 特に無し
月額/525円 300MB 利用料金 サーバーから、HP製作ツールが配布される

イラスト中心系サイトを作りたい!

これだけは揃えろ!:ペイント、(メモ帳)、サーバー
できれば揃えたい:画像変換ソフト、高機能ペイント、HP製作ソフト

アドバイス:
イラストを描くのに、ペイントが無くてどうかくんでしょう?
サーバーは、できるだけ容量の大きいものを選びましょう。50MB以上が目安です。
メモ帳は、HP製作ソフトがある人には必要ないです。
画像変換ソフトは、画像の容量が重いときに役立ちます。
高機能ペイントは、普通のペイントじゃ物足りない人におすすめです。

イラスト中心系におすすめのレンタルサーバー

トク2 おすすめ! 無料 無制限 広告表示 アマゾンの広告を貼り付け、収入を得ることができる (後記参照)
年額/3700円 利用料金
2style 無料 100MB 広告表示 特に無し
月額/525〜3150円 100〜200MB 利用料金 月/3150円で容量が200MBになる
使えるねっと 無料 無制限 広告表示 50MBから追加可能(無料)
年額/2400円 利用料金

交流系サイトを作りたい!

これだけは揃えろ!:(メモ帳)、サーバー
できれば揃えたい:CGI入門書、レンタル掲示板、レンタルチャット、HP製作ソフト

アドバイス:
交流系、といったら掲示板かチャットです。
つまり、CGIが必要なわけです。
CGIはメモ帳でも作ることはできますが、自作の場合はかなり難しく、さらに危険が伴います。
よって、初心者はレンタル掲示板、レンタルチャットを借りましょう。
サーバーは、CGIをサーバー上に設置する場合、CGIの設置を許可しているところを選びましょう(※)。
CGI入門書は、メモ帳で作る場合に必要になります。

※:CGIの種類によって許可するものとしないものがあるサーバーもあります。よく規約に目を通しましょう。

交流系サイトにおすすめのサーバー

使えるねっと 無料 無制限 広告表示 50MBから追加可能(無料)
年額/2400円 利用料金

その他おすすめサイト

Vector 役に立つフリーソフトを探すならここ!
なんでもそろってます!
Arara'sRoom 掲示板の無料レンタルを行っています。大人気!
Net4u 高速チャットをレンタルしているサイトです。ここも使っています

デザインは・・・どうする?

やはり、HPのデザインはそのHPに会ったデザインが良いでしょう。
たとえば、ドラえもん系のサイトなら、メニューのアイコンにドラえもんのアイコンを使うとか、車系のサイトなら、背景に車の写真を使ってもOKです(※)。
また、HPで使える素材を配布するサイトもあるので、その辺りも有効に活用しましょう。
また、自分自身で背景をデザインしても良いですが、、その際には、
・HPが見やすくなるように(背景色と文字の色を似させない)
・HPの趣向に合うように
・長時間見ても疲れないように(ベージュ系の背景色は、疲れを癒す効果があるそうです)
デザインしましょう。
※:ただし、著作権、肖像権に注意すること

メニューのデザイン:
メニューは表を使ったほうが見やすくなります。このサイトもindexは表で構成されていますね。
表を使うと、@省スペースで Aたくさんの情報を Bわかりやすく説明できます。
ただし、表は読み込みを遅くさせる原因にもなります。使い過ぎには注意しましょう。
また、何かの概要を紹介する表の場合、背景色を↓のように一行おきに変えておきましょう。文字が見やすくなります。

     
     
     

オマケ:作ってはいけないサイト

最近はHPの増加に伴い、悪質なサイトや手抜き的なサイトが増えるようになってきました。
インターネット上、というのは、そんなに甘い場所ではありません。
もちろん、他人を尊重しなかったり、法律に違反するページは(法的手段により)閉鎖に追い込まれること必須ですし、
手抜きなサイトも同じ末路を辿るでしょう。ネットサーファーは、退屈なサイトをじっくり見るようなことはしません。

とりあえず、ほとんどの人はわかると思いますが、念のため「作ってはいけないサイト」を下に挙げておきます。

 

・自己紹介、掲示板、頂き物しかないサイト。

別にそんなサイトを作っても誰も文句は言いませんが。
そういうサイトは、絶対にお客さんが定着しません。すぐに飽きられます。
万に一つ、誰かがお気に入りに入れたとしても、多分整理したとき削除されます
とりあえず、せめてはギャラリーとか、小説とか、メインコンテンツを作るようにしましょう。

 

・嘘を書きまくるサイト。

インターネットというのは、嘘をつくことが許される場所ではありません。
当然、そういうサイトは管理人の信用が無くなり、お客さんはあっという間に減少。持って3ヶ月でしょう。

 

・他人を不快にさせる、もしくは他人に不利益を与えるサイト。

インターネットというのは、そんなに甘いところではありません。
他人を徹底的に馬鹿にすれば「侮辱罪」に当たりますし、他人を騙して利益を得ても、相手が警察に訴えたら…
それこそ、ストレスがたまりますよね。他人を侮辱するサイトは絶対ダメです



第三章:とりあえず作った後は…

 

相互リンクを張りたい!

相互リンクというのは(話す必要はないと思いますが)お互いにリンクし合う、という意味です。

相互リンクは超人気サイトへの第一歩です。
自分のサイトと同じカテゴリーのサイトを見つけて、それが気に入ったようなら、Let's try!

と、行きたいところですが、ここでちょっとワンポイントアドバイスを…

 

・相互リンクの申込は、こちら側が貼ってから!

これは、モラル的にも戦略的(笑)にも大切なことです。
まず、相互リンクしたいサイトがあったのなら、こっちからリンクを貼ってからあっち側からも貼ってもらうよう頼む
というのがオススメです。

当然、あなたの心配りに、相手のサイトの管理人は「じいんじいん」感動します(嘘
感動しなくても、あなたがそこまでやってくれるのならと、きっとあっち側からもリンクを貼ってくれるでしょう!
そこまでやってくれているのに、リンクを貼らないわけにはいきませんからね。

ちなみに、もし断られたときも、リンクは残しておくのが「大人の管理人」
ちょっとしたモラルが、あなたの管理人としてのカリスマ性を決めるのです。

 

・相互リンクの申込は、できればメールで!

と、言っておきますが、実際は掲示板のほうが良いかもしれません(そのサイトの管理人は嫌がりますが)。
掲示板に書いたほうが、管理人として断りにくい点もありますし、ちょっとした宣伝にも繋がります。
ですが、やはり相手の管理人は嫌うかもしれませんね。

「せっかく相互リンクするんだから、相手の管理人さんとは仲良くしていたい」という人こそ、メールを使いましょう。
また、メールの場合は、断ったときでも、相手の管理人さんが問題点を指摘してくれることもありますので、
それなりに役に立つかもしれません。

 

・申し込むときは、リンクの強要をしない!

相互リンクをする相手の管理人さんは、常に相互リンクの可否を決定する権利を持っています。
ですから、「相互リンクして、というかしろ」というような文章で申し込んでしまうと、
OKしてくれる可能性は朝目を覚ましたらカエルになっている可能性と同じになります。
ですから、「普段は丁寧語なんてダメなんだ」という人でも、
「お願いします、リンクしてください」と丁寧に頼めば、「リンクしろ」よりOKしてくれる可能性が格段的に上がります
自分は人に物事を頼む立場、ということを忘れないようにしてくださいね。


広告を置きたい!

最近、よく広告が貼り付けてあるHPを見かけますよね。
そういうHPは、広告料を得るために、広告を貼り付けているのが一般的です(※)。
これを見て、「え、広告ってそんな気軽に貼り付けられるの!? 手続きとかはいらないの!?」って思う人もいるかと思います。
それが、最近の企業の広告っていうのは、案外簡単に貼り付けられるのです。時間も手間もかかりません(※2)。
あと、広告は見た目が悪くなる、と思う人もいるかもしれませんが、
サイトのコンテンツと合わせた広告は、結構HPに溶け込みます。
※:トク2などの無料サーバーの場合は、サーバーを管理している企業がユーザーに広告を貼り付けさせ、広告料を徴収している場合が多いです。
※2:広告主の審査をパスすることが条件。

広告のタイプについて
広告のタイプには、次のようなものがあります。

広告のタイプ 具体的な広告形態 メリット デメリット 広告料の相場 備考
料金固定制 広告を貼り付けるだけで
料金がもらえるタイプ。
料金は固定。
料金が固定しているため、
収入が安定する。
確実に収入を得られる
安全なタイプ。
広告料が増えない。
人気サイトでないと
広告自体貼り付けさせて
もらえない。
一日=一万HITのサイトで
広告料=一ヶ月4000円の場合

一ヶ月=4000円
大型サイトによくある最もオーソドックスなタイプ。
ただしよほどのサイトで
ないと掲載は難しい。
クリック保証制 広告のクリック回数で
料金がもらえる。
ワンクリックで1〜30円
くらいの収入。
掲載が固定制より
とても簡単。
やり方次第で
収入が増える。
広告料があまり
期待できない。
一日=一万HITのサイト
広告料=ワンクリック10円の場合

一ヶ月=2000円程度
HPに来て広告を
クリックする人は、
全体の1.5%程度だ。
一日百人だと、一ヶ月で
300円ぐらい。
この値もあくまで
理論上。
成功報酬制 来た人が広告をクリック
し、さらにリンク先の
ページで商品の購入等をした場合、収入がもらえる。
張り方次第では、
料金固定制より収入が
増える場合がある
掲載が一番簡単。場所によっては無審査で掲載できる
へたな貼り付け方
をすると、
広告料が皆無に
広告をクリックした人が
発生させた広告主への
収益の数%
これはかなりテクニックがいるタイプの広告。
全てはあなたのセンス
次第。
表示回数保証制 表示回数と比例し
広告料が増加。
料金固定制より
収入が増えることがある
アクセス数がないサイト
だと広告料が見込めない
一日=一万HITのサイト
広告料=千回表示で10円の場合

一ヶ月=3000円
最近登場したタイプ。
HIT数の多いサイトは、
料金固定制よりこのタイプ
のほうがいいかもしれない
複合型 上記のうちのいくつかを
合わせて、その合計を
広告料とするもの。
色んな広告の利点を
受け継ぐことができる。
まだ登場して
日の浅いタイプ。
広告代理店の方で
対応している数も少ない
(クリック保証制+表示回数保証制)の場合
一日=一万HITのサイトで約2000円+約3000円
=5000円/一ヶ月
かなり稼げそうだが単価が低いことがあるので、実際には他のタイプと大して変わらない場合がある。

オマケ話 お気に入りの整理について

HPを作っていくと、どうしてもお気に入りが混雑してしまう。
相互リンクをしているサイトや、相互リンクを申請しているサイト、これから申請しようとするサイト。
これらをごっちゃにしてしまうと、記憶力のいい人で無い限り、必ずリンクを張るときに混乱してしまう。
そこで、お気に入りにフォルダをつくり、サイトを振り分けてみよう。

上の図を見てもらいたい。
まず、あなたの私的フォルダに「HP関連サイト」というものを作る。
そしてその中に、「相互リンクサイト」、「相互リンク申請中」、「相互リンク申請予定」、「サイト閲覧不可」、「チェック必須サイト」を作る(※)。
そして、その中に、相互リンクしているサイト、相互リンクしてくれるよう頼んでるサイト、相互リンクしようと思っているサイト、
何故か見ることができないサイト、それ以外でチェックしたいサイトを振り分ける。

相互リンクのあれこれ系サイトは、特に説明を入れる必要はないでしょう。
サイト閲覧不可、というのはサイトが見られない状態のサイトを入れておくフォルダです。
サイトが見られない場合は、
・サーバーが落ちた
・HPが撤去された
と言う場合がほとんどです。
一週間以上見られないサイトは、このフォルダに入れておいたほうがいいでしょう。
ただし、時々チェックしないと、重要なチャンスを見逃すこともあるかもしれません。

これなら、HPの整理は大丈夫。
もちろん、人によって別の種類を入れるフォルダを作ってもいいし、「相互リンクサイト」だけ作っても構わない。
そこのところは、個人で調整願います。 要は、あなたが使いやすいように改造することです。

※:名前は意味のわかるものならなんでも良し。


オマケ話2 更新テクニック

HPを管理していく上で、一番大切なのは「更新頻度」です。
更新頻度が高ければ、お客さんは自然と毎日来るようになり、アクセス数がビックリするほど上がります。
ですが、なかなか更新頻度を上げるのは大変です。そこで、ちょっとしたアドバイスを…

・更新は、「時々」より「毎日」に!
HPを更新するときは、時々更新するより、毎日更新したほうが良いです。
もし、一ヶ月に一回のペースで更新するとしたら、お客さんは一ヶ月に一回だけ来れば更新している、と思い、一ヶ月に一回しか来ないようになります。
ですが、毎日更新すればどうでしょう? あ、これは毎日見なくちゃ! となって、毎日きてくれるようになります。
そうなれば、前者の30倍のスピードで、アクセスカウンターが回るということになります。一日10人なら300人になるわけです。
一日100人なら3000人に… 一日1000人なら30000人に… 一日10000人だったら…

・更新の内容は多くなくて良い
毎日更新する場合、更新内容はそんなに多くなくても結構です。
むしろ、毎日たくさんのコンテンツを更新するのも大変ですし、お客さんも見回るのが大変です。
一回の更新で、1〜3コンテンツを目安に更新しましょう。
HPの背景のガラを変えてもいいでしょう。HPの印象がガラッと変わります(^ ^)


結局、一番「完璧」なHPとは何か

とりあえず、これまでが、自分なりの「HPの作り方」です。
ですが、上のことを全て守っても、「完璧なHP」になった、というわけではないのです。
本当に完璧なHPは、来客者を大切にし、更新をまめにやり、管理人が必死に努力し、
HPを良いものにしていこうという気力が必要なのです。
それらを守ることができれば、もうそのHPは「完璧なHP」と言ってよいでしょう。
人間、努力すると必ず報われるものです。
あなたも、HPを作るのなら、がんばって努力し、いつかきっとネット会の明星になれるよう、がんばってください!

indexへ戻る