FIGHTERS 6話
「A knight of genesis」


決闘はドラえもんのターンからの開始となった。(両者 ライフ8000)
「僕の先行!ドロー!」
ドラえもんは決闘盤からカードを1枚引く。
「モンスターを守備でセット。魔法・罠を1枚伏せターンエンド!」
すると、ドラえもんの前に実際のものより大きなカードが出現した。
輝一のターンに移行し、彼のドローフェイズ。
「ドロー・・・・魔法『サイクロン』発動」
ドラえもんのの前で巨大な竜巻が巻き上がり、ドラえもんの伏せた魔法・罠を引き裂いてゆく。
ドラえもんのカード−−−『炸裂装甲』は破壊された。
「さらにモンスター『サイバー・ドラゴン』を特殊召還する」
輝一の眼前に全長5メートルはあろう巨大な白銀の肉体を持つ機械竜が出現した!
雄叫びを上げる『サイバー・ドラゴン』。
『サイバー・ドラゴン』は、☆5個ながら、自分の場にモンスターが存在せず、相手の場にモンスターが居るとき、このカードを特殊召還
扱いで場に召還させることのできるモンスター。
攻撃力は2100。ほとんどの低レベルモンスターでは太刀打ちできない。
「『異次元の生還者』通常召還。『サイバー・ドラゴン』で攻撃!」
サイバー・ドラゴンは、ずらりと牙が並んだ口を開けた。
鋼鉄の竜の口腔内に、光が収束してゆく。
その光が突如放たれ、まるで弾丸のように突き進んでゆく。
その途中、裏だった守備表示モンスターが表になった。
−−−『聖なる魔術師』。守備力は400。
墓地から魔法カードを手札に加えるリバースモンスターだったが、ドラえもんの墓地に魔法カードはない。
あからさまなプレイミスだった。
『聖なる魔術師』は、灼熱の熱線を真っ向から浴び、消え去った。−−−実際のカードが消え去ったわけではないが。
「さらに『異次元の生還者』で攻撃(パンチ)!」
ぼろぼろのフードの下に鎧を着た端整な顔立ちの青年−−−『異次元の生還者』が、剣を腰だめにかまえ、突進する。
剣を突き出す『異次元の生還者』。
その剣の切っ先がドラえもんをえぐる。
CGではあるが、痛みは発生してしまう。
腹を押さえ、よろめくドラえもん。
「ぐっ・・・・」
ドラえもんに1800ダメージ。
(ドラえもん ライフ6200 輝一 ライフ8000)
「オイオイ、俺に決闘を教えてくれるんじゃなかったのか?
 それともアレか、僕は人間じゃないからそんなことできませーん、ってのか?」
「黙れぇ!!」輝一の挑発に、顔を真っ赤にして叫ぶドラえもん。

その決闘を隣で見ていたのび太は、内心ドラえもんの心境を危惧していた。
(まずい・・・・このままじゃ主導権はあのトンガリ頭の人に握られてしまう・・・)

『デュエルモンスターズ』に限らず、カードゲームというものは、メンタル面の強さが勝利の鍵を握っている。
下手に焦ってしまうと、普段やらかさない簡単なミスを、次々と犯してしまう。
こういった状況を打開するためには、まず深呼吸をして、場の状況−−−モンスター、魔法、罠、手札などをじっくり見渡すことが不可欠。
冷静に頭を冷やして考えると、打倒策も次第に見えてくるのだ。

輝一はターンの終了を宣言した。
ドラえもんのドローフェイズ。
引いたカードを見、ドラえもんの顔が徐々ににやけていく。
「魔法『ブラックホール』発動!」
『ブラックホール』は、場のモンスターすべてを破壊する凶悪な魔法カード。
ほとんどすべてのデッキに入ると言っても過言ではない。
輝一の場のすべてのモンスターが、黒い穴の形をとった死神の腹腔へと飲み込まれてゆく。
「さらに『ロード・オブ・ドラゴン−ドラゴンの支配者』召還!
 魔法『ドラゴンを呼ぶ笛』発動、『ホワイト・ホーンズ・ドラゴン』特殊召還!」
龍を摸した被り物をした魔術師が、手にしたこれも龍を模した笛で、音楽を奏でる。
そこに、地面から発生した光とともに、真紅の体を持ち、額から鋭い角を生やした龍が姿を現した。
『ホワイト・ホーンズ・ドラゴン』−−−相手の墓地の魔法カードを5枚まで除外し、その枚数1枚につき攻撃力を300上げるドラゴン族モンスター。
ドラえもんは輝一の墓地の『サイクロン』を除外した。
『ホワイト・ホーンズ・ドラゴン』の攻撃力は2200−−−よって攻撃力は2500。
一般的なスタンダートデッキの上級モンスターは倒せる攻撃力と言える。
「いくぜ!モンスターで総攻撃!」
『ホワイト・ホーンズ・ドラゴン』が口腔から灼熱の炎を放ち、『ロード・オブ・ドラゴン−ドラゴンの支配者』は両手からプラズマ球を放った。
ともに輝一を直撃、3700ダメージ。
「ぐふっ・・・・」
輝一はよろめいたが、何とかこけずに踏みとどまった。
(ドラえもん ライフ6200 輝一 ライフ4300)
「オイ、さっきまでの勢いはどうしたトリ頭ァ!ターン終了!」
ドラえもんがここに来て、流れを覆した。
「・・・・ドロー」
輝一はカードを引いた。
その顔には悪魔を彷彿とさせる笑みが、浮かんでいた。
「何が可笑し・・・」
「悪ィな、ブタダヌキ・・・俺の勝ちだ」
「ふん・・・何を言うかと思えば・・・」
「出来るさ」
ドラえもんの冷笑に、輝一はさらなる冷笑で答える。
「いくぜクソ狸・・・魔法『地砕き』発動!」
『地砕き』は、相手フィールド上の守備力が1番高いモンスターを破壊する魔法カード。
『ホワイト・ホーンズ・ドラゴン』の守備力は1400、『ロード・オブ・ドラゴン−ドラゴンの支配者』の守備力は1100。
天空から巨大な拳が振り下ろされ、『ホワイト・ホーンズ・ドラゴン』は跡形もなくつぶされた。
「さらに、『サイバー・ドラゴン』特殊召還!『クリッター』通常召還!」
「ハッ・・・その程度のモンスターじゃライフは0にならないじゃねぇか・・・・只のはったりかよ」
ドラえもんは鼻を鳴らして一蹴した。が、
「オイオイ、冗談言うなよ・・・まだ俺のメインフェイズは終わってねぇよ。
 墓地の『サイバー・ドラゴン』及び『異次元の生還者』を除外し・・・」
「『カオス・ソーサラー』・・・・か?」
ドラえもんは顔に戦慄の色を滲ませていった。
『カオス・ソーサラー』・・・光属性モンスターと闇属性モンスターを1体ずつ墓地から除外して特殊召還するモンスター。
このカードの攻撃宣言不可と引き替えに表側表示のモンスター1体を1体除外する効果を持ち、攻撃力も2300と非常に高い。
この状況で出るとやっかいだ。
「いや・・・違うな。そんなもんじゃねぇよ」
「!! じゃあ何を・・・」
驚愕に顔をゆがめるドラえもん。



「15BOX買っても1枚出るかでないか定かじゃあねえ幻のレアカード、コナミの狂気の創り出した怪物・・・そこまでいわねぇとわからねぇか」



「!!・・・まさか・・・」
ドラえもんの肉体に、氷を流し込まれたかのような悪寒が疾走する。
「そうだ・・・・『カオス・ソルジャー−開闢の使者−』!」



『カオス・ソルジャー−開闢の使者−』・・・攻撃力3000、『青眼の白龍』と同じ攻撃力を持ち、さらにモンスターを毎ターン攻撃宣言不可
になることと引き替えに除外することができ、モンスターを戦闘で破壊した場合、もう1度続けて攻撃できる、と言う効果を持つ。

このカードは、昔『デュエルモンスターズ』の製造を行っているコナミ株式会社が、余りの強さのため『混沌帝龍−終焉の使者』と一緒に途中で製造を中止した
カードなのだ。
『混沌帝龍−終焉の使者』は禁止カードとなったが、残る『カオス・ソルジャー−開闢の使者−』は禁止にはならず、入手の困難さから制限カード止まりと
なっている−−−



「あれが・・・・『カオス・ソルジャー−開闢の使者−』・・・・」
ドラえもんは、輝一の場の『生ける武神』としか表現できないモンスターに、動きを取られてしまっていた。
そのたくましさを引き立たせる甲冑、その下のきりりとしまった顔立ち、禍々しき大刀と楯−−−
かつて、ここまでドラえもんを縛り付けたモンスターは無かった。
自分の『ロード・オブ・ドラゴン−ドラゴンの支配者』が頼りなく見える。

「いくぜ!『カオス・ソルジャー−開闢の使者−』で『ロード・オブ・ドラゴン−ドラゴンの支配者』を攻撃する!」

『カオス・ソルジャー−開闢の使者−』は神速で突進、『ロード・オブ・ドラゴン−ドラゴンの支配者』に上段からの斬撃を叩き込む!
『ロード・オブ・ドラゴン−ドラゴンの支配者』は、紙細工のように真っ二つに両断された。
「さらに『カオス・ソルジャー−開闢の使者−』の効果で、もう1度攻撃!」
『カオス・ソルジャー−開闢の使者−』は楯を背中にかけ、剣を腰だめに構える−−−刺突の構え。
またも突進。
次の瞬間、剣先はドラえもんの背中から抜けていた。
猛烈な激痛が前進を駆けめぐる!
「がぁぁっ・・・!!」
ドラえもんは痛みに目をむき、よろめく。
ドラえもんは合計4800ダメージを受けた。(ドラえもん ライフ1400)
「さらに『クリッター』で攻撃!」
『クリッター』はそのかぎ爪で、ドラえもんを切り裂いた。
片膝をつくドラえもん。1000ダメージ!(ドラえもん ライフ400)
「う・・・ぐぅ」
「最後だ!『サイバー・ドラゴン』で攻撃!」
ドラえもんに『サイバー・ドラゴン』からの大熱線が放たれる。
なすすべもなく、ドラえもんは直撃を喰らった。
「うわぁぁぁぁ!」
後方へ吹き飛ばされるドラえもん。
今の攻撃で、ドラえもんのライフは0−−−ドラえもんの敗北だった。

「俺の勝ちか・・・・・行こうぜ、二人とも。
 もうこんな雑魚に用はねぇ・・・」
輝一は数樹と優を連れて空き地を去った。
のび太は、その背中をただ見ることしかできなかった。



空き地を、昨年の冬の名残を宿した冷たい風が駆けてゆく。

その中、のび太はただ、転がったドラえもんにかける言葉も見つけられず、立ちつくしていた。
何を言えばいいか、全くわからなかった。



後書き。
そろそろゲストの皆様も本格登場させなきゃなぁ。
サイボーグ和クロさんは遊戯王のルールは難しそうとおっしゃっていましたが、そんなことはありませんよ!
かなり奥が深いゲームなので、ぜひやってみてください。


FIGHTERS7話 「Variation and pulsation」

1週間が、経過した。
のび太は実力テストで100点を量産し、カードの方も公式大会で優勝をおさめた。
ドラえもんの方は、のび太の部屋の押し入れ引きこもったまま、出てこない。
輝一に負けたことが、よっぽどショックだったのだろう。
だが、のび太には下手に心配する気は起きなかった。
(ドラえもんのことだ。対策でも立てて、復讐する気だろうな・・・)
のび太は自分の部屋の襖に手をかけ、開ける。
だが、そこにはいつもの見慣れた光景とは違う光景が目に映った。
「ぇえ!?・・・・君は・・・だれ!?」
そこには、1人の、静香をも超える美少女が居た。畳の床にちょこんと正座している。
海のように長く青い髪に真珠のように白い肌、腹部がだけが白い青のブラウス。これまた蒼い猫の耳の付いたヘアバンドを頭に乗せており、
彼女のかわいらしさを一層際だたせている。
背丈はのび太と同じくらいか。夏の空のような澄んだ瞳が、のび太の顔をのぞき込んでいる。
「え?知らない?あたしが来るって通知が来てるはずだけど」
少女が指さした先を見ると、一つの白い封筒があった。
ドラえもんは押し入れの中に閉じこもっていたから、気づかなかったのだろう。
「自己紹介しとくね。あたしはドラえもん先輩の後輩のアンドロイド、『ドラ香』っていうの。よろしくね、のび太くん
 趣味は『デュエルモンスターズ』なんだ。君もやってる?」
タンポポのような笑みでわらうドラ香。
「や、やってるけど・・・君はどうしてここに?」
「ドラえもん先輩のサポートと、後見人ってとこかな。
 もしも先輩が帰っちゃったときに、役目を引き継ぐの」
のび太は何も言えなかった。唐突にそんなことを言われても、応えられるわけがない。
「ま、そういうわけでよろしくネ、のび太君v」
ドラ香は、軽くウィンクを投げかけた。





練馬の南端にある西洋風の屋敷。
一台のバイクが、門をくぐって停止した。
その操縦者−−−輝一は、目のゴーグルをとり、薄灰色のサングラスに掛け替える。
「さて、おくれちまったな」
煙草を1本取り出して火を付け、口にくわえて歩き出す。



「すんません、遅れました」
輝一は大きな円卓のある大広間に入り込みざまこういった。
「たかだか1分程度じゃないか、大丈夫だよ」
そういったのは、黒に近い上下の服装、黒色の髪型は口の悪すぎる人間に言わせれば、キノコっぽい感じに見えなくもない。
穏やかそうな相貌なのだが、不審者のような雰囲気が漂っているのは如何なるわけか?
名は、レオン。
輝一と同じく、『JOKER』のメンバーだ。
「ふん。それが油断だと言うんだ」
横から水を差したのは、鋭そうな雰囲気を全身にまとい、引き締まった顔立ちの少年だ。
彼の来ている学生服も、彼のクールな美貌を引き立たせる材料にしかなっていない。
名は、若林 刹乃(わかばやし せつの)。
彼も『JOKER』メンバーだ。
「あ?何か言ったか?」
輝一は険を含んだ視線を投げつけた。
「わからなかったならこんなところより、耳鼻科に行くことを勧めるがな」
刹乃は表情をみじんも崩さない。それが輝一の感情を逆撫でする。
「てめぇ・・・喧嘩うってんのか?
 今懐が膨らみ切ってるからな、どんなに高額でも買ってやるよ」
「まぁまぁ・・・・落ち着きなさいよ。
 ほら、このハーブティ飲んで。おいしいわよ」
そういって湯気を上げる液体の入ったティーカップを差し出したのは、19歳ほどの美女であった。
出るべきところは出ているメリハリあるボディラインを引き立たせるノンスリーブの黒シャツに、青いアロハシャツ。彼女が履くとどことなく色っぽさを
感じさせるジーンズ。
髪は濃い緑。少々癖ッ毛である。
アルセイナという名である。
「そうそう、ここはウォンビンにだなぁ・・・」
横から凩をふかせるギャグが飛んだ。
緑のTシャツにジーンズ。と言った普通の服装だ。
顔立ちは若いながら豪放そうである。
風魔 龍樹(かざま りゅうき)という。
「・・・・・・・・」
場に南極を思わせる、寒い空気が席巻する。


「まぁ、ともかく」
そういって極寒の空気を破壊したのは、江戸っ子を思わせる少年−−−上杉 忠(うえすぎ ただし)。
青の甚平を羽織り、頭にタオルを包むように巻いていて、男らしい顔立ちにより拍車をかけている。
「とりあえず話を進めよう。4時にはには残りのメンバーも戻ってくるから、それまでにこれを−−−」




歯車は回る。
多くの人間を巻き込んで。
加速してゆく。






後書き

本日はこれから遊戯王を始めようと思ってらっしゃる方のため、初心者用デッキを公開します。
費用は、
ストラクチャーデッキ アンデットの脅威 ×1
ストラクチャーデッキ 海竜神の怒り ×1
ストラクチャーデッキ 戦士の伝説 ×1
ストラクチャーデッキ 魔法使いの裁き ×1
ストラクチャーデッキ 灼熱の大地×1

計税込み5000円也〜。

モンスター18枚
上級4
龍骨鬼 氷帝メビウス ヴァンパイア・ロード 炎帝テスタロス
下級14
熟練の黒魔術師 忍者マスターSASUKE 魔導戦士 ブレイカー 同族感染ウイルス
異次元の女戦士 ピラミッド・タートル×2
月読命 ならず者傭兵部隊 ミスティック・ソードマンLV2
聖なる魔術師×2 魂を削る死霊
魔法16
強欲な壺 強奪 早すぎた埋葬 大嵐 サイクロン 抹殺の使徒×2
闇の護封剣 光の護封剣 ライトニング・ボルテックス 強制転移×2
生者の書−禁断の呪術− 増援
罠7
リビングデッドの呼び声 激流葬 魔法の筒 砂塵の大竜巻
強制脱出装置×3 八式対魔法多重結界


出来るだけむだなカードを省き、攻撃に絞ったデッキです。
強制転移でピラミッド・タートルや月読命を相手に送る、
ライトニング・ボルテックスを使う前に光の護封剣を使う、等々
結構小技も使えるデッキだったりします。
初心者の方は、まずこのデッキを使って、決闘になれるようにしてください。


FIGHTERS 8話「READY STARDY GO!」

ドラ香が野比家に住み着きはや1週間。
彼女もこの家の雰囲気になじんできたらしく、楽しそうだ。
ドラえもんは相変わらず顔を見せない。
「あ、そう言えばドラ香ちゃん」
食後の勉強を終えたのび太は、椅子ごとぐるんと回ってたずねる。
「?」
「君、デュエルモンスターズやってるって言ってたよね?
 今から対戦してみない?」
のび太が机の引き出しからデッキを取り出しながらいった。
「もっちろん。これでも私、『水の踊り子』って言われた程の腕なんだから!」
のび太とドラ香は、床にデッキを置く。
「「決闘!」」



のび太の先攻からの開始。
「リバースカードをセット、モンスターをセットし終了」
典型的な布陣。
ドラ香はしばらく考え、
「フィールド魔法『伝説の都 アトランティス』発動!」
『伝説の都 アトランティス』は、場の水属性モンスターのレベルを1さげ、
攻撃力を200上げるカード。
レベル7、8のモンスターなら生け贄は1体で済む。
「さらに『憑依装着 エリア』召還し、攻撃」
すると、のび太の頬がわずかばかり吊り上がった。
「罠『激流葬』発動!」
場のすべてのモンスターは、破壊される。
のび太は、自分の裏守備カードを、ドラ香に見せた。
−−−『クリッター』。墓地に置かれたときデッキから攻撃力1500以下のモンスターを
手札に加えるという効果を持つ。
「へぇ…やるじゃない。
 でも、まだ小石を投げ込んだだけだからね」
「わかってるさ」
二人の顔は無邪気の中に闘志を宿した笑みを浮かべていた。

後書き
かなり短くなっちゃいました…ごめんなさい。

この回のタイトルですが、僕の好きな『ラ○ク』の中で、一番のお気に入り曲から
拝借しました。
名曲ですので、ぜひ一回聞いてみてください。


前へ

戻る