ドラえもん のび太の野比家財宝争奪戦

 


第十一章 ついに頂上へ

 

ドラえもん一行はその後も登りに登り、夜になる頃にはついに187階までたどり着いた。何故ここまで遅いのかというと・・・

のび「はあ、はあ。全く、階段だけで一階登るのに100メートルも登らなきゃいけないビルなんか作るんじゃないよホントに・・・・。」

というわけである。

ドラ「ついに明日、ここまでの努力が報われるんだね。」

静香「もう疲れたから今日は寝るわ・・・・・。」

このように、みんな疲れ果てていたのでキャンピングカプセルに入ったとたん倒れ込むようにして眠ってしまった。こういうのを戦の前の平和というものだろうか。

次の朝―――――

ドラ「今日の朝ご飯はハムエッグとロールパンとミルクね。」

イチ「珍しくまともなご飯・・・・。」

ジャイ「今日はしっかり食べておかないとな。」

スネ吉「久しぶりの発言!ちょっとは発言しないと読者に忘れられそうだしね。スネ夫君、ロールパンを取ってくれよ。」

出木「ん?どうしたんだいのび太君?」

のび「・・・・牛乳、嫌い。」

ドラ「あん?何言ってるの?牛乳を飲まないから君は貧弱なんだよ。」

のび「うるさい!!!あんな牛から分泌された白濁色の液体なんぞ、この僕に飲めって言うのかい!?

イチ「作者がまたネタ切れ症にかかっているっぽいね。」

静香「そうね。じゃあネタのためにあんた死ぬ?」

イチ「遠慮しときます。」

ジャイ「おう、それじゃ腹ごしらえがすんだから行こうか。」

みんなの間には戦闘経験が豊富だといえども多少の緊張が走っていた。

しかし、みんながキャンピングカプセルから一歩出ると・・・・

???「おう!お目覚めのようだな。」

??「おとなしく鍵を渡せ!」

????「さもなくばあんた達はコロス!わよ!」

?「そうじゃ!いつもいつもガラスを割りおって!」

???「俺たちは、みんなお前達に普段邪魔ばっかりされているんだ!」

??「今日こそ復讐も兼ねて鍵を渡してもらう!」

???「つまり、我々は死天王の中のグループ!“脇役カルテット”だ!」←ひでえネーミングセンス!!

のび「なんなんだよ。せっかく朝食を食べて気分が良かったのに、腋焼く狩る手っ吐なんてふざけた名前なんかつけるなよ。怒るよ!?

それはお前がふざけているのである。

ドラ「とにかく、僕達君らには用がないんだ。どいてよってハグァァァァァァァァ!!!!

ドラえもんはチェーンソーで吹っ飛ばされた。

出木「フン。君たちの正体はもうわかってるんだよ!ガリベンと木鳥と神成さんとジャイ子ちゃんだろ!!!

ジャイ「そうか。ってジャイ子!お前、こんな馬鹿なことやってないで帰れよ。な?」

ジャ子「黙れ!!!!!!!ヴォケがぁ!ゲヒゲヒゲヒゲヒゲヒゲヒゲヒゲヒゲヒゲヒゲヒゲヒ!!!!まずは私から行くわ!!!

のび「な・・・なに?ヒゲ!?

ドラ「どういう耳してるんだよ。」

のび「こーゆー耳。」

出木「三度目だぁ!」

スネ「やだ!ジャイ子がきたぁ!!あのブ女がってアピラフェラァァァァァァァァ!!!!!

スネ夫は真っ先にジャイ子の攻撃を食らって倒れた。

イチ「なんだ?このメス豚は!?

ジャイ「ううう・・・くっそぉ!実の妹といえども容赦しないぞ!来い!ってアギャァァァァ!!!

ジャイアンの格好いいところが見られたと思ったら速攻でやられてしまった。あっけなく終わってしまった。

静香「イヤァァァァァァァ!!!!!!!!!!来ないでぇぇぇぇぇぇ!!!!」

静香はナイフを乱射しまくった。

ブスブスブス

ジャ子「はぎゃあああああああ!!!!!!!!!!!よくも、あなた、わたしの美尻に・・・・。」

のび「美尻だと!?冗談は顔だけにしたまえ。」

ジャ子「うがああああああああ!!!!!!!!!」

ジャイ子はついに四本足走行で向かってきた。ゴリラそのものである。

ガリ「ここは我々の出る幕ではなさそうだな。」

木鳥「しかし、これを見ているのも一興だ。せいぜい楽しませてもらおう。」

神成「それもそうだ。」

ドラ「よし、今は奴らが油断している!!このスキに・・・。」

ドラえもんは神成さん達の後ろに回った。

しかし、運命とは非情なものである。

ジャ子「プギョェア!!」

のび太はそこに落ちていたガラス片をジャイ子の顔面にブッ刺したのである。

イチ「こっ・・・こいつはただ者じゃないな・・・・」

お前もただ者じゃない事に気づいて欲しいところだが。

ジャ子「ぎゃぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!私の美顔がァァァァァァ!!!!!!!!!!!!!!!

出木「美顔だと!?血を吹き出してよけいに醜くなった貴様の顔など見ているとめまいを凌駕し、もはや眼球が腐蝕する・・・・ぐわああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!

出木杉は目を押さえその場に倒れた。ちなみに同時にジャイ子も倒れた。あの筋肉脳味噌のジャイ子が。

作者が気に入っている腐蝕ネタ。

ドラ「いい加減にしないと、読者失うよ!!

この時点で既に半分ぐらいの人がこの液晶画面のまえから姿を消したように思えるのはこの作者だけであろうか。ちなみにドラえもんは今の発言で木鳥達の後ろに回り込んでいたことがバレてしまった。

ガリ「・・・・・(怒。」

木鳥「なめた真似してくれちゃったなドラちゃん・・・・。」

神成「幾度と無くガラスを割りおって・・・・・。」

作者の覚えている限りではドラえもんが神成さんちのガラスを割ったのは0と言っても過言ではない気がする。

ドラえもんに迫る3人!!

聞こえるのは彼らの鼻息のみである。

                       ・

                       ・

                       ・

                       ・

                       ・

                       ・

                       ・

ドラ「・・・・・・僕、ドラえもんです。」

神成「野郎どもかかれぇ!!!!

緊張のあまりいつものキャッチフレーズしか言えなくなったドラえもんにこの3人が容赦するはずもない。

ドラ「ギャァァァァァァァァァァァァァァ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

のび「ま・・・まずい!鍵を取られちゃう!!!よおし!!こっちも攻撃だ!!」

ドラえもんを助けるためではないことに少し違和感がある作者であった。

スネ「ジャイアンの持っていた光線銃!!食らえ!!」

別に“ジャイアンの持っていた”はいらないのだが・・・・

見事神成さんの頭に命中した・・・・

神成さんのハゲ頭による光の反射は鏡の如くすさまじく、しかも球形なため、乱反射して光線が跳ね返ってきた。皆必死で避ける。

静香「スネ夫さん!?!?!?後で覚えてらっしゃい!!!!!!

イチ「後で殺してやる!!死なないけど。」

のび「ヴァカ!!!!!

ドラ「僕達をはなっから殺す気でいたな!!!!!!!!!!!!!!!!

スネ吉「またまた久しぶりの発言!!スネ夫君!!!見損なったよ!」

出木「この天才がやればそんなヘマはしなかったというのに・・・・。」

スネ夫は踏んだり蹴ったりである。この男から“哀れな男”という代名詞が消えるのはいつになるのであろうか。

イチ「フッ。ここは僕に任せてくれないかな・・・。」

ドラ「あっ。オトリになってくれるの!?ありがとうじゃあね!!!

のび「みんな、行こう!!

止めもせずにみんな一人を残し行ってしまうとはこいつらやっぱり鬼である。

木鳥「フン。いい度胸じゃねえか。」

ガリ「ここでお前は死んじまうのか・・・・。愚かな・・・。」

イチ「それはどうかな!?

神成「何を!?

そして―――――――

イチ「フッ。やはり心の美しき者だけが勝つんだね。」

イチはいままで使わなかったスペシャルプラズマファイヤーアブグレッッシブ砲をぶっ放したのである。木鳥達は作者のマリオペイント消しゴムでその存在を消去された。この小説初めての消滅者が出た。死んではいない。初期設定に戻ったとでも言っておこうか。

そのころのび太達は―――――

のび「やっと192階だよ〜。」

ドラ「あれ?ここは・・・・。」

パーティーのようなものが開かれる直前のようで、たくさんのテーブルと、たくさんの料理と、たくさんの椅子があった。

出木「フン。こんな時にもパーティーか。余裕だな。というか、今時パーティーなんて。貴族じゃあるまいし。」

静香「ほっといて行きましょ。」

スネ吉「うん・・・あれは?」

スネ吉が指さした方向にはうらなり君とたばこ屋のてっちゃんがいた。

てっちゃん「俺は今年からたばこ屋ではなく、おでん屋になった!お前らを倒す!」

なんでぇ。

うら「・・・・鍵、渡してくれるかなあ。」

スネ「うわぁぁぁぁぁ!!!!!マンマァァァァァァ!!!!!!!

ジャイ「うるせえ!!お前のかあちゃんはドラえもん達が殺っちまった!!!!!

ドラ「なんで知ってるのぉぉぉ!?!?!?

出木「ていうかうらなりってパロディーでも暗い・・・」

その時、なにやら爆音がして、ビルが揺れた。

ドラ「こりゃあどうやらイチがあいつらを倒したようだね。」

正解!

ちなみにその拍子にてっちゃんが作ったと思われるおでんがひっくり返った。

てっちゃん「うわぁ!餅が!!餅キンチャクのお餅がぁぁぁぁぁ!!!!!!

そう、てっちゃんの汗と涙の結晶、餅キンチャクのなかに詰まったお餅が漏れだしていたのである。

その時のび太は床に落ちていた細い糸状のものをくわえていた。

静香「何やってるの?」

のび「これ、春巻きだ!

ドガゴォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

みんなはズッこけた。

のび「これは伝説の細春巻きだ!!!!

ドラ「何やってるんだよこんな時に!」

ジャイ「ヤメロ!」

スネ「のび太・・・逝かれた!?

のび「この細い春巻きが、18すじの糸で結ばれて日の光を浴びたとき、初めて四次元空間における立体のゆがみとアインシュタインの脳味噌のシワとの関連性がわかるのだ!!!!!!!!

のび太はやっぱり天才であった。

のび「・・・であるからにして、四次元空間の広がりの計算はアインシュタインの一般相対性理論も当てはまるが、現在話題になっている“ひも理論”これが、重要になってくるわけでってあれ?」

のび太はいつの間にかうらなり達に囲まれているではないか。

のび「ドラえもんは?」

ドラ「後はよろしくね!」

そう言って彼らは階段に向かっているではないか。

ジャイ「じゃあな!」

スネ吉「元気でね!生きてたら会おうね!」

静香「ばいみゅ〜。」

出木「君も天才だった。しかし。私には及ばなかったようだ・・・。」

どちらも大して変わりはない。

ドラ「そういうわけで!!じゃあね!!」

ドラえもん達は無情にも去っていった。うらなり達の目がのび太に向けられる。

                       ・

                       ・

                       ・

                       ・

のび「アハ。みんな落ち着いて。それにしても相変わらず高いね〜このビル。僕達は今日もう一度テキオー灯浴びたから大丈夫だけど君たちはどうかな?」

うら「えええ?もう一日たっちゃったのか?」

てっちゃん「そんなことは聞いてないぞ!!」

うら「あと5分で24時間たっちゃうねえ。」

のび「じゃあ5分僕は耐えきればいいんだね!」

てっちゃん「その時既に貴様は蜂の巣じゃあああああ!!!!!!!!」

のび太に向けて銃弾が乱射される!!!

                      ・

                      ・

                      ・

のび「情報が行き届いていないみたいだねえ。この僕に、鉛の玉は通らないって言っただろう!?

お馴染み鉄壁である。

てっちゃん「フン。それはどうかな。」

のび「なに?」

のび太の誇る鉄壁が解けて行くではないか。

うら「いまの銃弾には酸性度を強化してあるオレンジエキスが入っているんだよ。」

のび「オランゲエキス?ふざけたこと言っちゃいけないよ。」

それはお前がふざけているのである。たしかにオレンジのスペル“ORANGE”はローマ字読みすると“オランゲ”だが・・・・

うら「き、君は、どんな耳をしてるんだい?」←相変わらず暗っ!

のび「こーゆー耳。」

四度目である。

てっちゃん「そんなことはどうでもいい。あと1分しかない。攻撃!」

のび太は驚異の動体視力で避けていく。

しかし、ついに―――――

パスッ

のび太の眉間に銃弾が命中した。

音もなく倒れるのび太。

うら「終わったね・・・・。」

てっちゃん「ああ。さて、俺たちもそろそろ終わりかな?」

あと20秒であった。ああ、あと20秒避けきれば・・・

しかし―――――

のび「そんな事じゃ僕は倒せないよ。」

てっちゃん「なに!?」

うら「確かに命中したのに・・・・ブツブツ。」←だから暗いって!

うらなりのそばにはのび太の死体が転がっている。目の前にものび太がいる。

てっちゃん「なぜだ?」

のび「冥土のみやげに聞かせてやろう。今のは身外身の術だ!!

のび太はその場を去った。

てっちゃん「ドラえもんじゃねえだろうが!!!!!!」↑↑(西遊記)

うらなり達のテキオー灯が切れるまであと12秒。

うら「せめてのび太は倒したかったね。」

 

11

 

てっちゃん「そうだな。」

 

10

 

てっちゃん「短いおでん屋人生だったな・・・・。」

 

 

うら「僕、この小説でも明るくなれなかったな・・・・。」

 

 

うら「なんか気分悪いね。」

 

 

てっちゃん「気圧の影響を受け始めてるんだろ。テキオー灯の効き目が切れてきたな。」

 

 

うら「息苦しいよう。」

 

 

てっちゃん「あと5秒だ。我慢しろ。」

 

 

うら「し・・・ぬ・・・・ガクッ。」

 

 

てっちゃん「気絶したか・・・・あと3秒で気絶から死に至るな・・・・ガクッ。」

 

 

うら「・・・・・・・・・・・。」

 

 

てっちゃん「・・・・・・・・・・・・・・・。」

 

 

そのとたん、彼らの肺は破裂し、眼球は飛び出し、血液は沸騰し、全器官が破裂し、皮膚からは水ぶくれのようなものがどんどんあふれ出し、そして病院送りとなった。

まだ生きてるよ。ゴキブリを凌駕する生命力である。

 

一方のび太はドラえもんを追った。・・・・ハッスルネジをつけて。

あっという間にドラえもんに追いつくと、そこは198階だった。つまり、頂上である。

ドラ「おや、生きてたねえ。」

静香「良かったわ。(微妙)

出木「おお、生きていたか。この僕と四次元空間における立体のゆがみとアインシュタインの脳味噌のシワの関連性について語り合おう!」

ジャイ&スネ「っち。よく生きてたなあ!良かったよ。」

のび「今舌打ちしたろ!」

これから彼らは一世一代の戦いに挑むのである。♪彼らの前にはドアがある♪←作者も発狂か!?

次回へ続く

 


第十二章 我が愛しき妹よ・・・

 

ドラえもん達はドアを開けた。今、まさにダース・ベーダー (原作ではダース・ヴェーダー)のテーマが流れそうな雰囲気であった。

その雰囲気をぶち壊しにしたのが、この男の発言だった。

茂手「ようこそ、我がビルの頂上へ。」

のび「格好よくねぇぇぇぇ。」

ドラ「まずそのまのびした声を治した方がいいよ。」

茂手「フン。そんなことを言っていられるのも今のうちだ!この僕のオナラエキスが入った特性爆弾であっけなく終わるがいい!!!

静香「あんたそれでも男!?

スネ夫「汚い手を・・・・・。」

ジャイ「あんなの食らったらひとたまりもないぜ・・・・。」

スネ吉「ていうかあのもて夫とか言う奴はっきり言ってジャイ子ちゃんと似合わないんじゃない?」

イチ「おわあ!!!茂手が爆弾に火をつけたぁぁぁ!!!

ドラ「そんなの食らうと思っているのかい?」

茂手「フッ。そうやって強がりを言っていられるのも今のうちさ。食らえ!」

茂手はその独特のモーションで爆弾を投げる!

ちなみにその投げ方とは腰をくの字に曲げ、足を上げずに砲丸投げのように腕を突き出す投げ方である。

つまり踏ん張りすぎるとオナラが出そうになるポーズで投げているのである。

導火線から飛び散る火花から早くも悪臭が・・・

のび「茂手。君は自滅したね。」

茂手「何!?黙れ!!食らえ食らえ!!

ドラ「無駄だ。バショー扇!

すると飛んできた爆弾が風によってゆっくりと茂手の方へ向かって行くではないか。

 

茂手「ん?なんだか近づいてきているようなきが・・・・これは四次元空間における空間のゆがみによる遠近感の狂いだな?ってどうしてこの世は理不尽なんだぁぁぁ!!!!!!!!!!

茂手の顔面で爆弾はさく裂した。あっけなく終わったのはこいつである。

茂手、悪臭による嗅覚機能抹殺で気絶。

その間に出木杉が洗脳を解く。

↑ここでページ数を取ってしまうわけにはいかないのでなるだけ簡潔に話を進める。

少しづつ話が進むにつれてギャグが少なくなってきているのは気のせいだろうか。

???「流石は練馬区最強にして最悪であり、また最狂であるドラえもんご一行様だ・・・しかし、遊びはここまでだ。今ここで死ぬか、鍵を渡しておとなしく帰るか、選択しろ!!」

のび「残念ながら僕には洗濯なんてものには興味がないのでね。それはママにやってもらうこったな。」

ジャイ「お前馬鹿か?」

スネ「ママァァァァァァァァァァァァァァァァァァァ!!!!!!!!!!!!

静香「いい加減にしないとこのビルから落とすわよ!?

スネ吉「またしても久しぶりの発言!!僕は無口なものでねえ。読者に忘れられちゃうよホントに。」

作者「いや〜。スマンスマン。さっきまで君のことは忘れとりましたよ。」

???「誰だお前は。」

作者「何を隠そうこの私、この物語の作者であり某私立K中学の一年生であり、数多いドラファンの中の一員である作者Mと申します。サインならいくらでもどうぞ。」

???「消えろ。」

ドラ「失せろ。」

のび「どっかいきなよ。ていうか君って僕とたいして歳違わないじゃん。」

ジャイ「とにかくここにいるとお前のせいで空気が汚れるんだよ!失せろ!」

作者「自分が書いてる小説の登場人物にまで馬鹿にされた〜!!!畜生・・・なんて自虐的な小説なんだ・・・つくづく嫌になる・・・・」

スネ「だったらやめなよ。」

作者「うるさいこのマザコンがぁ!」

静香「この話ってご都合主義ってモンがないのね・・・・・。」

スネ吉「ただ、ほとんどの人が焼かれようが煮られようが引き裂かれようが潰されようが串刺しにされようが死なないってとこがいいね。」

イチ「いいのか・・・?」

???「そろそろキレるぞ!死にたくなかったらとっとと失せろ!」

作者「死なないもんね♪」

???「逝け!!

作者は???に混紡で強打されました。・・・・・・キュウ。

???「古い!」

これに反応してくれるとは以外とお茶目な奴だとわかる。

???「うがあああああああ!!!!!!」

自分で馬鹿なことに反応しておいて自己嫌悪に陥っている???だったが、ここは冷静さを取り戻し、そして言った。

???「さあ、どうしても鍵を渡さないと言うのなら・・・クローンG・J作戦を開始する!!!!!

ドラ「なんだそりゃ!?

???「身をもって知れ!」

ん?何だって?出木杉君はどうしたのかって?それは自分で考えてくださひ。←ハ行転呼音(無駄な知識ばかり持っている作者であった。)

のび「ねえ、なんか振動がこない・・・?」

ジャイ「何言ってやがる。そんなわけ・・・・ん?」

静香「きゃぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!ジャイ子ちゃんがぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!

スネ「まだ生きてたのか?ってそんな馬鹿なぁぁぁぁ!!!!

ジャイ「いい加減にしろ!ジャイ子はアレでも俺の妹だぞ!!って何じゃこりゃァアア!?!?!?!?

アレとは何だ、アレとは。

ジャイ「ただ操られていたと言いたかっただけで言葉がぱっと出てこなかっただけだ!!

いちいち反応しなくてもよろしい。

イチ「ジャイ子がゴキブリを遙かに凌駕する不気味さと生命力を持っていることは別としても、あれはありえないだろう!?!?

ゴキブリとは失礼な。いや、それにしても次の言葉を聞いたとたん失神する人が出るかもしれない。(いないと思うが)

スネ吉「ジャイ子ちゃんが・・・・・腐えてる!!!

ドラ「それを言うなら“増えてる”だろ!!というかそんなギャグかましてる場合じゃないぞ!!

そう、今彼らの目の前には、無数のジャイ子が押し寄せてくる光景が見えているのである。

スネ「どうやって倒すんだよ!!

イチ「そうだ、問題はそこだ!!

のび「どこだ!?

ドラ「ふざけるな!!そんなにキョロキョロしても問題は解決しない!!ていうかそんなアホらしいギャグとばすな!!!

静香「なにか手はあるの!?

そういったとたん、のび太は

のび「ほら。」

と言って静香の顔面に手をかざした。

静香「その“手”じゃない!!

スネ夫「そんなのにまともにつき合うんじゃない!!

ドラ「ていうか出木杉は消滅したのか!?

今頃気づいたとは彼らも結構抜けている。

スネ「アワワワワ!!!!ジャイ子が!!あのブ女が!!

ジャイ「・・・・・・・。」

その時!!救世主(?)は現れた!

出木「ぃよう!!久しぶりにこのナイス・ガイに出会えて君たち幸せかな?ってあのジャイ子がこんなに増えるなんて、目眩を凌駕し、もはや眼球が腐蝕するうぅぅぅぅぅぅ!!!!!

のび「やっと現れた天才馬鹿!」

出木「ナイス・ガイだろ!?

のび「なに?亡い巣・害?

ドラ「そんな風にわざととしか思えない字の間違いなんかして!!君はどーゆー耳をしてるんだ!?

のび「(ニヤリ)」

ドラ「あぁ〜!!知ってて聞いちゃった〜!!

のび「・・・・・・・・・・。」

静香「タメてる〜!」

のび「こーゆー耳。」

みんな「あぁ〜!!

出木「そんなことよりみんな!!聞いてくれ!!この僕がみんなの体の半径10p以内に入れないようにバリヤーを張っておいた!!だから安心してくれ!!

10pとはかなりキツイ。

スネ「よくそんなに薄いバリヤーが作れたな・・・。」

出木「馬鹿を言うな!!これは資金不足のためにこれだけの厚さにしかできなかったというわけだ!!だからある程度以上の攻撃には耐えられない!!

ドラ「どれぐらい!?

出木「ポップコーンを食らう程度の衝撃までなら耐えられるよ。」

                                 ・

                                 ・

                                 ・

                                 ・

みんな「いい度胸だぜ!!」

出木杉が見るも無惨な姿にさせられたことは言うまでもない。

ジャイ子までの距離150メートル!!ここでドラえもんはタンマウォッチでジャイ子達の動きを止めた。

ここから見てこのビルは異常なまでの敷地面積を誇ると考えた方が良さそうだ。(たとえば1q四方とか。)

ドラ「まあそれくらいの広さがなければこの高さを支えられるわけがないんだけどね。」

それどころかこのビルは今空中に漂っているのである。下手をすると成層圏、いやその上の中間圏、ひょっとするとそのまた上の熱圏、外気圏である。

ドラ「そんな馬鹿な!?

ここで作者はちょっと気になったので計算してみることにした。その結果は以下の通りである。

一階につき100mと前に述べてあるので、

100m×19819800m←ビルだけの高さ

下に雲が見えたと言うことは、雲がギリギリ存在する成層圏の上であると考えられる。のび太が気づいたとき100階だったので、99階より上が成層圏の上の中間圏と見なすと、

成層圏は地上55qまでなので、55000m

ビルの99階までは雲の下と見なすので、55000m100198階までの高さ

である。

100198階までは99回分の高さがあるので←暇な人は数えてみて下さい。

100m×999900m。←100198階までの高さ

55000m9900m64900m。←198階の地上からの距離。

649000m64q900m

64q900mというと、中間圏のまっただ中である。中間圏についてはこの章の最後を参照して下さい(早い話がこの下にあります。)

さて彼らの運命は!?

次回へ続く

 

ジャイ「・・・ちょっと待て。」

次回へ続く。

ジャイ「今回ギャグと作者の計算だけでほとんど終わらなかったか!?

次回へ続く。

静香「話の内容が全然無いじゃない!!

次回へ続く。

スネ吉「いい加減にしろ!」

次回へ続く。

イチ「次回こそはちゃんと話のある内容なんだろうね!?

次回へ続く。

出木「何とか言ったらどうだ!!ページ数の無駄だ!!それに今回僕は何のために登場したんだ!!

次回へ続く。

ドラ「作者を出せ!!

作者「なんだい?」

のび「いい加減にしろ!!

次回へ続く。

のび「ああ!作者逃げた!!

ジャイ「まだ終わらせるな!!

次回へ続くんだ!!終わりなんて誰が言った!?

スネ「そういう意味じゃない!!」

とにかく次回へ続く。

イチ「なんか僕たちの発言が挟まれてるようで窮屈だな。」

次回へ続くと言っているのが分からんか!!

ドラ「次回はちゃんと話をつけろよ!!

次回へ続く。

(すみません)

スネ「ていうかこれ以上やると読者失うよね。」

ジャイ「多分もう誰も見てないんじゃないかな。」

作者「ああ、どうかそんなことをおっしゃらないで!」

ドラ「君が悪いんだよ!!

のび「疲れた・・・。」

作者「どうもすみませんでした。駄文長々と。読者の皆様誠に申し訳ございません。どうかこの続きも読んで頂けることをお願い申し上げます。」

次回へ続く

 

(中間圏が分からなかった人に補足。)

成層圏の上層にあたる中間圏は、高度が5090kmの領域。高度が50km付近は太陽からの大量の紫外線によって酸素と窒素の気体分子が暖められるので気温は高いが(0°C)、高度が高くなるにつれて大気の密度が低くなるため、気温はしだいに低下し、高度90km付近では-80°Cほどになる。中間圏の大気はひじょうにうすいが、隕石が突入するときには抵抗が生じるほどの密度はあるために、隕石は中間圏に突入すると燃焼し、夜空に赤々とかがやく尾をえがくことになる。

 


第十三章 戦闘の果てに

 

のび「とにかくジャイ子達の動きを止めている間に武装を固めよう!!

前回の話で大量に増えたジャイ子達をドラえもんがタンマウォッチで止めたのである。

出木「それよりこのスキにお宝を奪って逃げた方がいいんじゃないか?」

ドラ「このタンマウォッチかなりガタがきてるからあと20秒しか持たないから無理だよ。」

スネ「ママァァァァッァァァッァァァッァァッ」

のび「女神様!」←スネ夫の発言とつなげて読むと分かるこのギャグ。

ドラ「作者ってそんなもの見てるのか!?

作者「失礼なことを言うな!!名前を聞いたことがあるだけだ!!

静香「そりゃそうよね・・・・。」←右手に釘バットが・・・・

ジャイ「そんなことより武器!!

スネ吉「ラジコン戦隊が用意済みだよ!!

イチ「スペシャルファイヤーアグブレッシブ砲の準備もオーケー!!

ドラ「よし、みんな武器持ったね!!

ついにタンマウォッチが壊れた。

のび「食らえ!!ジャイ子ォォォォォォォ!!!!!!!!!!

ジャイ「くそっ。ジャイ子!!すまねぇ!!!

のび太達はジャイ子に向けて武器を放つ!!

ジャ子達「アヒヒヒヒヒヒヒゲヒゲヒゲヒゲヒゲヒゲヒゲヒゲヒゲヒゲヒエヒゲヒゲヒゲヒゲヒゲヒgヒエヒゲヒヘgヒゲヒゲオwhgfァウイ;アオp」

静香「な、なんかジャイ子ちゃんの頭脳がおかしいわ。後の方の声が壊れてる・・・。」

頭脳がおかしいのはお前らも一緒だ。

出木「た、助けてくれ!!もう限界だ!!この美しい瞳をこれ以上あのここから地面に落としてさらにその上をダンプカーが通り過ぎ、カエルが小便をひっかけた肉まんのような顔で汚すことなんてできない!!!!!!

スネ吉「そんなのみんな一緒だ!!

スネ「あんなつぶれ大福、地球外生命体、メス豚、マウンテンゴリラの異名を持つ奴なんて誰も見たくないよ!!」

それはお前らが勝手につけているだけである。

ドラ「だめだ!!あいつには全然効かない!!」

のび「直接攻撃で逝くしかない!!!」

イチ「逝くってなんだ!?逝くって!?僕らに死ねってか?」

静香「こんな時にふざけないで!!

ドラ「そこが問題なんだ!!

のび「どこだ?」

スネ「うがあああああああああ!!!!!!!またそれかあああああああァ!!!」

のび「どれだ?」

一同無視。

出木「とにかく、直攻で攻めるしかない!!

スネ「あれ?やけに素直じゃん。どうしたの?」

出木「何でもないよ。」

出木杉の頭に数本の釘が刺さっていることに誰も気づいていなかった。おそらく釘バットで殴られたのであろう。←と言うことは静香が・・・

のび太達はこん棒などを持ってジャイ子軍団を殴りつけ始めた。

そんな中・・・

スネ「ぐ、グワァ!!!

ジャ子1号「よくもこの私を傷つけたわね!!」

そういいながらジャイ子はスネ夫の首を絞め始めたではないか。

ジャ子1号「友よ、静かに眠れ・・・・」

そのとき!別のジャイ子36号と戦っていたジャイアンが、今まで戦っていたジャイ子36号を殴り倒して駆けつけてきた。

そしてスネ夫の首を絞めているジャイ子1号に一撃を食らわせた。←↑うわぁ〜ややこし〜い!

バッキ!!!!

しかし、ジャイ子が倒れることはなく、

ジャ子1号「変ね。頭痛がするわ。」

などと抜かした。

ジャイ「え?」

ジャ子1号「う〜ん。」←やっと気絶

スネ「ハァハァ。助かったよ。やっぱりジャイ子は常人の神経速度と違うようだね。」

その頃、のび太達はもう数十匹、失礼、数十人のジャイ子を倒し、それでもまだ苦戦していた。

ちなみに今まで倒したジャイ子は以下の通りである。

 

 ジャイ子1号  ジャイ子3号  ジャイ子4号  ジャイ子8号  ジャイ子12号  ジャイ子13号  ジャイ子15

 ジャイ子23号  ジャイ子25号  ジャイ子30号  ジャイ子36号  ジャイ子37号  ジャイ子43号  ジャイ子45

 ジャイ子57号  ジャイ子59号  ジャイ子63号  ジャイ子70号  ジャイ子82号  ジャイ子99号  ジャイ子100

 ジャイ子113号  ジャイ子114号  ジャイ子125号  ジャイ子162号  ジャイ子166号  ジャイ子176

 ジャイ子333号  ジャイ子555号  ジャイ子623号  ジャイ子723号  ジャイ子777号  ジャイ子877

 ジャイ子999号  ジャイ子2323号  ジャイ子3419696号  ジャイ子31415926535号  ジャイ子19277325223234

 ジャイ子α(アルファ)号  ジャイ子β(ベータ)号  ジャイ子γ(ガンマ)号  ジャイ子δ(デルタ)号  ジャイ子ε(イプシロン)号  ジャイ子ζ(ゼータ)

 ジャイ子η(イータ)号  ジャイ子θ(シータ)号  ジャイ子ι(イオタ)号  ジャイ子κ(カッパ)号  ジャイ子λ(ラムダ)号  ジャイ子μ(ミュー)号  ジャイ子ν(ニュー)

 ジャイ子ξ(グザイ)号  ジャイ子ο(オミクロン)号  ジャイ子π(パイ)号  ジャイ子ρ(ロー)号  ジャイ子σ(シグマ)号  ジャイ子τ(タウ)号  ジャイ子υ(ユプシロン)

 ジャイ子φ(フィー)号  ジャイ子χ(カイ)号  ジャイ子ψ(プサイ)号  ジャイ子ω(オメガ)

 

のび「へ〜。もう62体も倒したんだ。っておわ!!」

のび太はジャイ子の数の多さにうんざりし始めていた。

スネ「やっぱりどこでもドアを使おうよ!!」

ドラ「四次元空間遮断機能が生じてだめだって言ってるだろうこのヴォケがぁ!!」

どうやらドラえもんもイライラし始めているらしい。

静香「もうキリがないわ!!」

その時、奇跡は起こった。

前回の話で改造手術を解かれ、部屋の外に放り出されていた茂手もて夫が息を吹き返したのだった。

茂手「あれ?ここは・・・?」

出木「おや、目が覚めたようだね。実はかくかくしかじか!!」←ジャイ子と戦うのが嫌で部屋の外に出ていた

茂手「ふ〜ん。それでどうしろっていうんだい?」

出木「そりゃあ君にジャイ子ちゃん達を倒してもらうんだよ。とにかく来て!」

そして・・・

茂手「ふ〜ん。予想以上に血みどろの戦いが続いてるんだねっておっとぉ!!」

ジャイ子に吹っ飛ばされて飛んできたスネ夫を茂手は受け止めることもなく避けた。スネ夫は入り口のドアにぶつかる。しかし死なない。さすがは練馬児。

そして茂手と出木杉がいるのにのび太が気づいた。

のび「ねえ、ドラえもん、静香ちゃん、ジャイアン、スネ吉さん!」

ドラ「なに?」

のび「出木杉と茂手がいるよ!!」

5人はジャイ子に応戦しながら話し合った。

スネ吉「ところでスネ夫君は?」

静香「さっき私の隣で吹っ飛んでいくのを見たわ。」

イチ「あとジャイ子は何人いるんだ?」

のび「ちょっと待って。僕の脳味噌を人間コンピュータに切り替えるから。」

静香「人間コンピュータ?」

カシャカシャカシャ・・・・チーン

のび「あと19277325223376体だね。」

ドラ「じゃあもう大丈夫だね。オレンジジュースでも飲んで寝てよってええええ!?」

ジャイ「多すぎる・・・ていうかさーのび太には人間コンピュータがあるならテストでも百点とれるはずじゃん。」

のび「そういうことには向いてないの。」

静香「勝手になさいって感じ〜。」

スネ吉「で?どうするの?」

ドラ「もて夫に自爆テロしてもらう。」

イチ「いいかも。」

どこがだ、どこがいいんだ。

のび「じゃ、静香ちゃん。出木杉からもらったトランシーバー頂戴。」

ずいぶん前にのび太と静香がそのトランシーバーで話したことを覚えているであろうか。

のび「あ〜もしもし。」

出木「ん?だれ?」

のび「ガッ○石松です。」

こんな時にもギャグを忘れないとは流石はのび太である。

出木「嘘つけ!!」

のび「だから嘘ついてます。」

出木「うがああああああ!!!!!!」

のび「嘘つけって言ったのは君だよ。」

出木「とにかく!!お前のび太だろ!!」

のび「分かってるんだったらはじめから聞くなよ!!」

出木「フッ。僕は母さんに怪しい人と話しちゃいけませんって教わったのさ。」

のび「そしてその母さんは僕たちのママに消されちゃったね。」

出木「ああっ。忘れかけていたのに・・・・ウワァァァァァンンン母さああああああああん!!!!!!!!!」

のび「君もマザコンかい!」

出木「マザコンとは失礼な。マザーコンプレックスと呼んでくれよ。」

のび「分かったよ。」

お互いにバカだ。マザコンもマザーコンプレックスも同じである。

のび「ところで本題に入ろう。」

出木「どうしてすんなりと本題に入れないのかなぁ。」

のび「ん?」

出木「何でもない。」

のび「ていうか無駄な会話が多いよ。作者が行数稼ぎしてるとしか思えないね。」

悪かったな

出木「ところで野比君はジャイ子と戦ってるんじゃないのか?」

のび「うん。まだ戦ってるよ。片手で。」

出木「よく生きてるね。」

のび「まあね。そっちに茂手がいるんじゃないの?」

出木「よく分かったね。」

のび「あのさ〜そこで問題なんだけどさ〜。茂手にも一緒に戦ってもらえないかな。」

出木「あいつもそのつもりらしいよ。」

のび「そこで作戦なんだけど、茂手の体に君が成せる最強の爆弾を積み込んで茂手をジャイ子達のど真ん中に落とす。するとあのマウンテンゴリラは茂手に弱いからよってくる。そして茂手の体があの気味の悪い地球外生命体の軍団に押しつぶされたときに起爆スイッチを押す。これでジャイ子粉砕だ。」

出木「分かった。でもそのまますんなり言ったらあいつ失禁しちゃうか逃げちゃうよ。」

のび「そこはうまくごまかしてよ。」

出木「OK。」

ピッ

ドラ「どうだった?」

のび「順調。茂手に自爆テロやってもらうことにした。」

イチ「ナイス。」

どこがだ!!

そのころ――――――

出木「茂手君。君にこの服を渡そう。」

茂手「なんだいこれは。」

出木「君がピンチになったときはこの服に付いてる赤いボタンを押すんだ。君に力がみなぎって最強戦士になれるよ。」

茂手「じゃあ最初っから押せばいいじゃん。」

出木「ピンチになったときにしか作動しないようにしてるんだ。最強戦士になった君は暴走し始めるからね。」

茂手「分かったよ。」

出木「じゃあ、君はスーパーヒーローとしていくんだからジャイ子達の上から君を落として言いかい?落ちても死なないように半重力機能がついてるから。」

茂手「なんかわくわくするな。」

出木「じゃあ行くよ。」

出木杉がリモコンの青いボタンを押すと茂手の体が浮き、ジャイ子達の上に飛んでいった。

のび「おっ。そろそろ茂手が降ってくるから逃げる準備!」

みんな「OK。」

出木「かくして彼は最強戦死になったな・・・・彼のことは一生忘れないでおこう・・・・。」←最強戦士じゃなくて最強戦死かよ!!

もう一度、出木杉はリモコンの青いボタンを押すと、茂手の姿はジャイ子達の中に消えていった。

ドラ「よっしゃ逃げるぞ!!」

静香「キャァァァァァ♪」

ジャイ「なんで楽しそうなんだ!?

イチ「まあいいじゃないの。」

スネ吉「茂手もて夫君・・・かれは僕らに数千年まで語りつがれるだろうね・・・。」

茂手。それは最期まで哀れな奴であった。

そして―――――

茂手「さあこい!!ジャイ子達ってムギュウウウ!!!!」

ジャ子「ウッフ〜ン♪もて夫さ〜ん♪キスして〜♪」

茂手「いきなりピンチだ!でもこっちにはこのボタンがある!!ジャイ子ちゃん、ごめんよ・・・・。」

ぽちっとな

ピカッ

ドドドドドドド――――――――――――――――――――――――――――――――――――ンンンンンンンン!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

スネ吉「おおおおおおお!!!!!!!!!すごぉぉぉぉぉぉいいいいいい!!!!!!!」

アホだ。この音からしてこれは原子爆弾か水素爆弾であろう。

のび太達はこのことを予測して放射能防護シェルターを装着していた。

一方茂手は病院送りとなった。

しかもビルも崩れていなかった。

相当な強度といえよう。いや、未来の使者というものが崩れないようにしたのであろう。

茂手はジャイ子と一緒にドラえもんが取り寄せた物体転送機で病院に送られた。ちなみにジャイ子はさっきの衝撃でもとの一人に戻っていた。

ドラ「さて、残ったのは黒幕達だけだ!!

のび「出てこい!!モグモグ。」

のび太はメロンパンを頬張っている。

???「フッフッフ。見物(みもの)だったよ。さてと、そろそろ始末するか。」

ジャイ「なにおう!?お前がボスなんだな!?ってあれ?スネ夫はどこだ?」

静香「さっきここら辺に倒れていたはずなんだけど・・・。」

さて、彼らの運命は!!

次回へ続く

 


第十四章 未来の使者

 

ついにフードをかぶってボスが登場!!!しかしこの時になってスネ夫がいない!!

スネ吉「やい!!ボス!!スネ夫君をどこへやった!?言わないとお前をこ・・・殺すぞ!!」

スネ吉が珍しく格好いいところを見せた・・・やはりいとこへの想いは他の者とは違うのか、と皆がそう思い、振り返った先には・・・

ドラえもんの陰に隠れてなにか叫んでるへっぴり腰の20代の姿がそこにあった。

出木「フン。やっぱり愚民だな。」

スネ吉「ニャニオウ!?」

???「もういいわ。あんた達みたいなアフォにかまうだけ時間の無駄だったようね。」

のび「アフォじゃない!!」

ジャイ「そうだ!!」

のび「ヴォケだ!!」

イチ「何じゃそりゃぁぁぁぁ!?!?!?」

静香「ところで、あなたのしゃべり方からすると、背は高いけどあんた女ね!?」

???「いかにも。」

のび「たこにも。」

ドラ「のび太死ね!!」

ズギューン!!・・・

ドラえもんが撃った銃弾がのび太の頭を貫通した。

のび「うわあああ!!頭痛がするー!!

ジャイ「・・・なんで死なないんだ。」

出木「君!!のびた君のことを君はまさか人間扱いしてるんじゃないだろうね。」

ドラ「とんでもないことだ!!」

のび「・・・ドラえもん帰ったらドラ焼き一週間抜きの刑だ。」

ドラ「あああ!!酷い・・。」

イチ「あのー。お取り込み中に悪いけど、ボスが切れて・・・。」

プッツン

ジャイ「ん?誰かのパンツのゴムが飛んだか!?」

ゴムが切れた音ではなく、ボスの理性が切れた音である。

???「ウガァァァァァァ!!!」

そりゃああれだけ馬鹿なことをやっているのを見せつけられたら誰だって怒りたくなるのも無理はない。

???「この私の武器で一発で終わらせてあげるわ!!」

出木「フン。そんな物が通用するとでも思っているのか!?」

???「そーゆーのは受けてから言いなさい!!」

ボスがその長身を生かしたバネのような体の動きを見せる!!

ジャイ「先手必勝だ!!」

???「動きが遅いわね!!」

ピューン!!・・・バッシュッ!!

ジャイ「っな!?」

スネ吉「は、早い!!」

ジャイアンの腕に切り傷ができた。

イチ「ムチ!?」

???は手にムチのような物を2本持って振り回している。

静香「何よ、たかがムチごときでってキャ!!」

なんとムチの先にはダイヤモンドの粉末がついているではないか。

これでは切り傷どころではない。


ちょっと気になったので雑記

作者「何年か前にアニメ名探偵ホームズのなかで、青いルビーの話が出てきましたが、あれはちょっとおかしいですね。ビーはコランダムという鉱石からできてるんですが、コランダムのなかで赤い物をルビー、青い物をサファイアと言っているんですね。だから、ルビーが青かったらそれはサファイアなんですね。ちょっと気になったのでここに表記しておきました。」

閑話休題


本題!!

のび「これは本だい。」

そういってのび太はドラえもんのポケットの中に手を突っ込んで分厚い本を取り出した。

みんな「死ね!!」

のび太はボコにされた。

のび「僕が何をしたっていうんだー!!」

次の瞬間!!

ばしゅじゅびょ

静香「なんかやけに間延びした効果音ね・・・。」

のび太の首が飛んでいた。

ドラ「な!?」

イチ「こいつは酷い・・・。」

イチがいつの間にかサングラスをかけて革ジャンを着てどっかの2時間サスペンスドラマの中にあったようなセリフを口にしていた。もちろん著作権は無視である。

ジャイ「それじゃ、のび太は・・・とうとう・・・。」

???「フッハーッハッハッハ!!!やはりこの私にかなう物なんていないのよ!!」

ドラ「のび太君ごときを倒したからって偉そうなことを言うな!!」

スネ吉「そーゆー問題なのかな!?」

静香「のび太さんをもとには戻せないの!?」

イチ「無理だ。」

出木「なぜだ!!一度細切れになった時、君は生き返らせたじゃないか!!」

イチ「それは・・・・フ・・・

ジャイ「今のフ・・・ってなんだ!?どーゆーことだ!!」

イチ「そーゆーことは子供電話相談室にでも聞くんだな!!」

ドラ「かっこつけるな!!」

静香「だいたいなんで子供電話相談室・・・。」

イチ「君たちはまだ子供だろ!?」

出木「おぬしもじゃぁぁぁぁ!!!」

スネ吉「つまり、のび太君はもう・・・」

ドラ「そーゆーことなのかな。」

???「フッフッフッフッフッフッフハッハッハッハーッハッハーーハッハゲラゲラゲラゲラゲラピョーホホホホアキャキャッキャッキャキイキャッキャッキャッキャシェッシェッシェッッシェッシェアヘヘヘケケケケケケケケアッチャッチャッチャッチャギュッホッホヒェヒェッヒェッヒェッヒェッヒェッヒェッヒェッヒェ!!笑いが止まらないわ!!」

出木「遂にボスも逝ったようだね。」

静香「アホらし。」

こいつら仲間が死んだというのに平気でいられるとは鬼である。

と、その時である。

のび太の首が、胴体に向かってゆっくり動き始めたではないか。

ズルッズルズルズルズルズル・・・・

そして、首と胴体がくっつき、

ヌチャッ

のび太は起きあがった。そしてまるで肩がこったとでも言いたそうに

コキコキ

と首を動かした。

スネ吉「ヒエー!!ヒエーーー!!」

ドラ「っのび太!!」

のび「えっ?」

するとジャイアンがのび太の首をつかんで振り回した。

のび「イタタタタタ!!!ヤメロヤメロ!!!何の恨みがあるんだ!!」

ジャイ「・・・・くっついてる。」

静香「今までも変だとは思っていたけどこれじゃ本当に人間外じゃないの!!」

出木「何を騒いでいる。」

静香「出木杉さんだってのび太さんの首がばじゅびょってなったのを見たでしょう!!

   ばじゅびょってなってズルッてヌチャッてコキコキッて!!

イチ「パニくってるパニくってる。」

ドラ「非現実な・・・。」

出木「非現実の塊が何を言う・・・。」

???「常識が崩れる〜〜〜〜!!!!!!!!!」

のび「!!」

ドラ「どうした!?」

のび「これで大体ボスが誰なのか察しがついた。」

みんな「何!?」

のび「まず今まで僕らに関わってきた人の中で、練馬人、またはその友人などではあり得ない。なぜなら、今の出来事でボスが常識が崩れると言った。これは普段僕らと接しているか、何らかの事で練馬にきていれば、今のような出来事はなくても、それに準ずるような事件は日常茶飯事だからだ。」

ドラ「急に頭が冴えてるみたいだね。」

イチ「多分首が飛んだ一時的なショックでしょ。」

静香「いつもこれぐらいの頭なら扱いやすいのにね。」

のび「それから、現代の人間でもあり得ない。なぜなら、未来の使者という物を覚えているか!?その未来の使者が、未だに登場しない。ここから推理して、未来の使者というのはボス本人かもう一人のラスボスか、その側近しかあり得ない。いずれの物の場合でも、僕の前のセリフで練馬人でないことが確定されている以上、現代の人間がいきなり未来の使者と言われて信じると思うか!?そんな事を信じるのは練馬人しかいない!!

出木「洗脳したのでは!?」

のび「それはあり得ない。なぜならば、そこにいるボスは単なる洗脳された者との挙動が明らかに違う。洗脳されたならば、僕のこの推理など聞かずに正面切ってせめて来るであろう。彼女――――つまりボスだが、彼女は自らの意志で行動しているのだ!!さらに、2本のムチをどう扱っているか見たか!?片手に2本持っている!!少し練習すれば両手で1本ずつ扱うことも出来るが、片手で2本使うのはプロでない限り無理だ。ならばこれまでの映画に出てきた者達か!?違う。それならば僕達の行動を見てイライラしたりしないはずだからだ!!現に、このイチは僕らと同じように行動している!!」

ジャイ「のび太どうしたんだ!?」

イチ「ホームズみたい。」←ホームズって知っているのか!?

スネ吉「あんな長いセリフよく言えるね。」

・・・・・・・・スネ吉も驚くポイントがずれている。

のび「すると、現代人でもなく、映画の登場人物でもなく、洗脳されてもいなく、未来の使者と交流があるとなれば、地球外生命体か、未来人でしかあり得ない!!では地球外生命体か?違う。宇宙には天文学的個数の星がある。その中には必ずこんなちっぽけと言っては変だが、宇宙レベルで言うとちっぽけな財宝を何100光年と離れたところからわざわざ奪いに来る必要がどこにある?宇宙には僕の財宝なんかよりもっともっと凄い物がたくさんあるはずなんだ!!それを探さないで、わざわざ地球に来る必要がどこにある!?」

???「なかなか良いセンいってるじゃない?でもそれだけじゃ私が誰なのかははっきりしないわね。」

のび「まだ終わってないさ!!」

???「な!?」

ドラ「こんな会話が金○○少年の事件簿とか言うマンガにあったよーな気が・・・。」

出木「変なところに伏せ字を入れるな。」

ジャイ「“タマ”が入りそうだな。」

ジャイアンは静香に見るも無惨な姿にされた。

のび「未来人の中で、ドラえもん繋がりで僕達の情報がいくらかは漏れているが、それほど深い関わりがない女性であるのは次の四人に絞られる!!ミミミ!ハニー姫!ロビン!そしてノラミャーコ!これでもう解っただろう!ボスの正体はノラミャーコだ!」

みんな「何ぃぃぃ!?」

イチ「っていうかそれ誰だ!?」

のび「君は知らなくて良い。」

???「なぜそんなことが言える?」

のび「ドラミは僕達のことをよく知っているし、セワシは男だ!そしてみんな!ボスの身長を見てみろ!顔はフードでよく見えないが、身長だけはごまかせなかったようだな!!ここから見てもあいつの身長は170cm近くあることは分かるだろう!!ミミミを含めたドラズ三人娘は(そこにドラえもんがいる限り参照)そんなに身長はないはず!せいぜい僕らより2、3cm高いぐらいだ!以上をふまえた推理の結果、ノラミャーコしかいない!」

ノラ「いかにも。」

のび「たこにも。」

思考回路が元に戻ってしまったようである。残念!

ドラ「で、でも!ノラミャーコさんはテキオー灯や、ジャイ子ちゃんを増やすようなクローン製造器は持っていないはずなのに!!」

ノラ「そーゆーものは、あなた方がよく知っている人物からお貸しいただいたの。」

のび「なに!?お菓子いただいたって!?ずるいぞ!ぼくにもくれ!!」

ノラ「あなたの存在そのものがうっとうしいのよ!!」

ドラ「よく知っている人物って誰のことだ!?」←のび太を無視。

ノラ「彼女よ。」

ノラミャーコが指さした先には電圧拷問を受けたと見られるドラミの姿があった。

辺りには、ドラミから奪ったと見られるクローン製造器、テキオー灯などが散乱していた。

ドラ「ああああ!!!」

静香「ドラミちゃんをあそこまで追いつめる事が出来るってなかなかスゴ腕のようね。」

出木「よく捕まえる前に殺されなかったもんだね。」

ジャイ「そんなこたぁどーだって良い!!お前!!なんだ!?ハラペーニョとか言ったな!?」

この時ジャイアンは“それを言うならノラミャーコだろ”という突っ込みを期待したが、いつも突っ込んでいるスネ夫がいないため、その夢は永遠に叶うことはなかった。

ノラ「で?このうすらトンカチ!腐れ外道!クズ!ノミ!シラミ!いつも同じ服!シスコン!ボケ!カス!ラッパ!ダイオキシン!

スネ吉「ダイオキシンっていう罵声初めて聞いたね。」

のび「そーだね。」

出木「何を表現しようとしてるのかな?」

静香「公害の原因って言うことなんじゃない?」

ドラ「これを心理学的に考察すると・・・。」

次の瞬間のび太がドラえもんの首を絞めはじめた。

ドラ「な・・・何をする!!」

のび「心理学的に絞殺。

イチ「アフォ!!」

ノラ「うるっさい!!」

のび「ギャグが分からないなんて・・・。」


ヤッシー「あのねー。」

作者「あれ?どーしたの。」

ヤッシー「ネタ提供者として言わせてもらうけど、(実際はほとんどアシスタント要素プンプン)これ、話進んでる?」

作者「答えはNO!」

ヤッシー「どんどん苦しくなってきてないか?」

作者「あのね。実は僕ちん十五章から先に考察し始めちゃったから、どーつなげるかで迷ってるの。」

ヤッシー「個人的な良い訳はよせよ。」

作者「あのねー!わしゃかーなわんよ!!」

ヤッシー「ごまかそうとして古すぎるギャグをやるんじゃない!!」

作者「大体こんなギャグやってたころなんて僕ちん生まれてませんよ。」

ヤッシー「だったらなぜ知ってる!!」

作者「本で読んだ。」

ヤッシー「・・・・・。」

作者「・・・・・・・・・・ニコ。」

ヤッシー「何がニコだ!!お前はそればっかりか!!」

作者「なにを・・・・。同い年だからっていい気になりおって・・・。」

ヤッシー「もうとうに締め切りは過ぎてるんだぞ!!」

作者「お主は編集長か!?」

ヤッシー「お前が書いてるから僕が色々と雑用やってるんじゃないか!!」

作者「えー今後の話ですが・・・。」

ヤッシー「死ね!!」

閑話休題


グサー!!

のび「何の音だ!?」

ドラ「作者の胸にナイフが刺さった音だね。」

ジャイ「じゃあ無視して良いな。」

ノラ「おのれ〜!!もう問答無用じゃあ!!」

静香「遂に完璧に正気を失ったわね。」

出木「僕達にあわせようとするからさ。」

読者の皆さんは本当にあきれているでしょうが、がんばって読んでやってください。byヤッシー

グッシャ!!

イチ「今度はヤッシーとかゆーひとの顔面に釘バットが炸裂した音だね。」

ノラ「オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラ!!」

のび「おわぁぁぁ!!トランプをやっているところに卑怯なぁぁぁ!!」

そう、のび太達はトランプをやっていたのである。

そんなナメた真似をしていれば誰だってキレるであろう。大体のび太は“卑怯なぁぁぁ!!”と言っているが、それはトランプをしている奴が悪いのである。

静香「キャァァァァ♪」

のび「何で楽しそうなんだ!?」

逃げまどう彼らに容赦なく殺人ムチが振り回される!!

スネ吉「もう武器は品切れか!?」

ドラ「こうなったらもう特殊能力で戦うしかないね!!」

さあ本格的に始まった死闘!!

運命やいかに!!

次回へ続く!!


〜作者&ヤッシーの創作日記〜

作者「えー・・・・・。」

ヤッシー「なんか、ホントにすみませんでした・・・。」

作者「のび太君途中人格変わってたしね。」

ヤッシー「ていうかさっきからこのスペース何よ?」

作者「小説創作日記みたいなもん?」

ヤッシー「だったら自分のHPに作ればいいじゃねえか!!」

作者「HPを作ること自体母者が許してくれん・・・。」

ヤッシー「流石兄弟みたいなしゃべり方になるな!!・・・・2ちゃんねるやってるのか?」

作者「そんな勇気がこの小心者の僕に出来ると思っているのかい?」

ヤッシー「じゃあ、なぜ・・・。」

作者「そーゆー君はどうなんだ?」

ヤッシー「Flash倉庫で見たことが・・・それ以外にはないよ。」

作者「僕もそんなところだ。だいたい、掲示板に行く方法も知らないし、大体うちのパソコン2ちゃんねる掲示板に繋がらないようになってるしね。」

ヤッシー「行きたいとは思わないのかい?」

作者「思わないね。ドラえもん関係のHPを見る程度さ。」

ヤッシー「そうだなって話ずれてないか?」

作者「今回の話は落語ネタが結構出たね。」

ヤッシー「いきなり話を元に戻すな・・中学生のくせによくそんなことを知っているな。」

作者「読んでる本が本だから。」

ヤッシー「なんだ?」

作者「ドラえもんはもちろんのこと、パ○リロ!とか・・・ラ○ャーヌ!とか・・・。」

ヤッシー「あのなー!」

作者「野沢菜というのは聞いたことがありますがあのなというのはどんな菜っぱです?」

ヤッシー「いーかげんにせー!!お主が見とるパ○リロ!にしろラ○ャーヌ!にしろ、両方とも少女マンガじゃないか!!」

作者「なぜ知ってるの?」

ヤッシー「この間キッズステーションでそれと似たような物がやっていたからだ。」

作者「でも、萌え系じゃないだろ!?」

ヤッシー「そりゃそうだが!!」

作者「両方とも魔○峰央のマンガだ。」

ヤッシー「そんなこと聞いていない!!」

作者「でも、この少女マンガ、男の方が読んでいる人多いんだぞ。」

ヤッシー「例えば!?」

作者「俳優の池○成志さんとか、よくト○ビアの泉に出てる荒俣○さんとか、タレントのダ○カンさんとか・・。」

ヤッシー「へー。」

作者「ま、そんなこんなでがんばって参りますので、読者の皆様もあたた〜く見守ってください。」

ヤッシー「くだらないコイツが書いているくだらない小説ですが皆さん読んでやってください。」

作者「くだらないとは誰のことだ。」

ヤッシー「お前だ!!」

作者「ニャニオウ!?」

ヤッシー「だまれ!!」

作者「いっぺん殺したる!!」

ヤッシー「ウガァァァ!!」

以下数時間に渉る論争へ・・・

次回へ続く・・・


 

前へ

 

戻る