第十四話〜勝負は終わった〜


「死ね。」
首領が基地に謎の液体を流し込んだ。
基地は溶けていく。
「人が死んでいく、ぐはははは!」
「なぜ、この様な事を?」
ヤドリが聞いた。
「ヤドリ、貴様も死ぬのだ・・・・・・」
ヤドリは悲鳴を上げ、闇に消えていった。
これは、ドラえもん達が首領の部屋に近づく一分前だった。
バコン!
巨大な音をたて、ドアが破壊された。
ドラえもん達だ。
「のび太君とスネ夫君は何処にいる!」
ポイッ
首領が二人を投げた。
「き〜さ〜ま〜!」
ドラえもんは睨んだ。
「死ぬがよい、全てがな。」
首領はスイッチを押した。
基地の爆破スイッチだ。
首領は何処かへ消えていった。
「やばい!戦えない!それに・・・・」
ドラえもんが叫んだ。
「爆破スイッチまで押されてしまった!」
ドラえもんは五人を四次元ポケットの中に入れた。
ドラえもん自身もだ。
「ドッドラえもん!スペアポケットはあるの?」
のび太はどうやら正気になっていたらしい。
「いや、スペアポケットは、燃えた。」
「じゃあ、これは何処に通じているんだ!」
スネ夫も正気らしく、叫んだ。
ドラえもんは何も喋らなくなった。


「くっくっく、金はある。海外へ高飛びしれば・・・・」
「待つが良い!」
タイムパトロールが空中から現れた。
「誰だ、貴様ら!」
タイムパトロールは何も言わずに、ショックガンを撃った。
『警部、犯罪者一名、捕まえました。』

六人は、四次元空間から出た。
押入れの中だ。
押入れは今にも壊れそうだ。
「なっ何で押入れが?」
六人は押入れの外に出た。
街は元に戻っている。
ドラえもんは街を見回した。
何の不思議も無い。
ドラえもんは、タイムテレビを取り出した。
『え〜今入ったニュースによると、二十世紀に来ていたお世話ロボットがタイムパトロールに通報した事件がありました。
それは、謎の道具によって人々が操られるという事件でした。』
六人はその事件はあの事件だという事に気づいた。
『しかし、タイムパトロールが主犯を捕まえた結果、事件は終わりました。
謎の道具は、ヤドリの強化版らしく、何らかの方法で二十世紀へ運ばれた物と・・・』
ドラえもんはタイムテレビのスイッチを切った。
「それにしても、潜入した後は簡単だったな〜」
セワシが机の引き出しを開けながら言った。
「首領の部屋の目の前に着いたんだもんね。」
セワシとドラミがそう呟きながら、二十二世紀へと帰って行った。
静香とスネ夫も帰っていく。
「ねえ、どうして奴は仲間を殺したんだろう。」
「多分、僕達が侵入したから、信用が無くなったんじゃない?」
「そうか・・・・」

「のびちゃん、ドラちゃん、ご飯よー」
玉子の声がいつも通り響く。
色々な事は全てタイムパトロールが処理してくれたようだ。
「は〜い。」
本当にいつも通りの生活が戻っていた。
タイムパトロールに感謝しなければいけない。
((((((完結))))))
      
作者 みのもんや

協力者 スタッフ

     スタッフ2

出演者 ドラえもん

      のび太

      静香
     
      スネ夫

      玉子

      のび助
    
      ジャイアン

      出木杉

      ヤドリ

      ドラミ

      セワシ

      その他色々


前へ

戻る