しずか・・・覚醒

ブラスト「いくぜ!キャノン・ブラスト!」
D「退却!」
ブゥゥゥゥゥゥン
竜「これは・・・D・C(ディー・クローン)?」
D・C「ビィィィィィ」
竜「よけろ!」
静香「何?これ・・・」
竜「覚醒だ!」
静「え?じゃ、じゃぁ、レクイエムドラゴン!!」
レクイエム「行くぞ!プレリュード!!!」
ドガァァァァ!
D・C「ギャァァァァァ」
ジャ「Dは、世界的に狙われてるからな・・・」
ス「うん、恐いよ!」
静「けど、あきらめちゃ、いけないわ!」
の「もう、終わりだよ・・・」
竜「お前は、ドラえもんの名前を忘れたのか?」
の「!」
そういえば・・・
ドラえもんは、平和なロボットだ・・・誰が、ドラえもんに、何かやったか、突き止めなくちゃならないんだ!」
竜「そうだ!」
の「行くぞ!」
そのころ・・・自衛隊は・・・
兵A「はよ、いきなはれ!」
兵B「小池!ウィルスを仕込んだ罪で、逮捕する」
監視部屋は・・・
兵C「隊長!」
隊A「何?あんな、子供が、戦ってる!援護だ!」
兵C「ハッ!」
竜たちは、自衛隊に来た
竜「自衛隊に入れてくれ」
兵D「わかった、入れ」
竜「はい、分かりました」
軍に入ったのびたたち。どうなるのか!
続く!
あとがき
これは、いえいぬさんの、のびたVSドラえもんを見て、書きたくなったものです。
これからも、どんどん書きます。漫画のパクリも出るかも・・・。ちなみに、ドラゴンは、みんな、持っている設定で。


第3章・・・絶望の始まり
の「ねぇ、自衛隊って、ほんとに強いの?」
ジャ「確かに」
竜「ちょっとまて、ディー・クローンが来たぞ!」
ディークロ「プラズマ粒子砲・・・発射!」
バシュー!
の「ロボットフリーズ!」
ディークロ「あれぇ?」
の「まさか!」
竜「そうか、ドラえもんは、こいつだ!」
竜は、ディークローンを指差した
ド「なるほど、真の敵は、Bか」
ドラミ「まさか、超危険天才科学者B?」
物語は、ドラえもんが復帰し、新展開へ!
続く


第四章〜これまでの経緯
の「ねぇ、そういえば、龍(りゅう。竜のこと。漢字を間違えた)ってさ、何でいるの?
管理人さんが困ってたよ。
「あぁ、俺の名前は齋藤龍(さいとうりゅう)。」
ジャ「なんでプロローグで家にいたんだっけ?」
龍「それは、Dの暴走が始まったので、お前が一番手がかりになると考えたからだ。」
スネ夫「くっ、みんな、自衛隊がやられた。」
龍「仕方がない、俺たちのとこへ行こう」
龍は走り出した。
静香「どこへ行くんだよ。」
龍「俺の味方のところさ。」
「「「「味方?」」」」
龍「あぁ、そこにいる。桐野!」
桐野という青年は振り向いた。
「どしたね。」
龍「そのしゃべり方やめてくれ。みんな、こいつは桐野遼(きりのりょう)。俺の仲間だ。」
???「俺も紹介しろよ」
龍「氷雨!久しぶりだな!」
氷雨「おう」
龍「こいつも俺の仲間、永倉氷雨(ながくらひさめ)。」
ジャ「もしかして、まだ仲間いんの?」
龍、桐野、氷雨「あぁ、今は休むことに集中しろ。今は寝るんだ。」
みんなは個室を与えられ、眠りについた。
続く・・・


前へ

戻る