ドラえもんニュースログ


出木杉市長 児ポ法に「待った」…  出木杉英才市長(11)は、現在さまざまな面から改正の声が上がる児ポ法に対し、正式に改正に反対することを表明した。 市長はこの案を「日本の新時代の文化を萎縮させかねない危険なもの」と考えており、市全体が改正阻止に取り組むことを約束した。


某月8日
シティ、フレームページ試験運用を開始 本日4日から、ドラえもんシティHP上において、フレームページの試運転が始まる。もともとシティのHPをフレームにする計画はあったのだが、いずれも諸事情により実行には至らなかったが、今回はミニドラカンパニーの強力なバックアップもあって、試用に踏み切った。 シティHP担当の和クロは、「使用している上で問題があったら気軽に報告してほしい」と話している。また和クロは、近々運用しやすいメールフォームも設置する予定だとも話した。


12月23日
☆速報! ドラえもんシティクリスマスチャット 本日開催!☆ 先日から話題になっているクリスマス企画だが、ドラえもんシティ広報部長の小池氏は、本日と明日のクリスマスデーの二日間、両日において夜七時からクリスマスチャットを行うことを明らかにした。また、クリスマス特別企画の一環、罪と罰のボーナス及び劇場の最新話アップは、本日の夜零時前後に行う予定。小池氏は、「サンタクロースは真夜中にプレゼントを配るから、我々もサンタクロースのように皆様が寝静まっている間にプレゼントを配るべきと考えました」と話した。


8月12日
管理人、今年も里帰り   ドラえもんシティHP製作担当、サイボーグ和クロが、今年の夏も里帰りする。そのため、13日から17日ごろまでHPの更新が一切できなくなる。 しかし、この件に関して、元骨川財団社長、骨川スネオ氏(11)は、「どうせ更新してないんだから同じじゃん」と、和クロの胸にナイフを突き立てるような発言をした。 和クロは、「皆さんにはご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解とご協力をお願いします。あと、スネオは後で便所に来い」と語った。


7月7日
シティ、掲示板を移転 荒らし対抗策  シティ初期時代から存在していた掲示板広場だが、先日から英文による宣伝荒らしが多発。悩んだ末和クロは、新しい掲示板広場を作り、近日中にそちらに移転することを、7日決定した。 新しい掲示板は、今までのレンタルとは違い、シティのサイトが置いてあるサーバーに設置した。新しい掲示板では英文のみの書き込みができなくなるので、これまでの英文荒らしは一切入ってこれないことになる。また、万が一入ってきたとしても、他の手段によりアクセス制限を掛けることが可能で、今後はさらに使いやすくなるという。旧掲示板広場は、遅くても15日までには撤去する予定。


6月6日?
シティ更新 スケジュール滞る  先日、「三日に一度更新」宣言を打ち立てたドラえもんシティだが、現在もなかなかマメに更新できず、6月3日など更新予定日なのに更新できないという事態が頻発した。シティHP管理課、サイボーグ和クロは、「定期テストが近づいているからしょうがないじゃない」と言い訳した。 今後もスケジュールはなんとかこなしていくつもりらしいが、本当に「三日に一度更新」を7月末までやっていけるのか、疑問の声が増えている。


5月22日
和クロ、修学旅行へ やはり三日に一度は難しいか  先日、更新頻度を三日に一度のペースに引き上げることを決定したドラえもんシティだが、不運にも更新予定日の25日は、和クロの学校の修学旅行の日で、更新ができないのだという。そのため和クロは24日に代替して更新する予定らしいが、これも実際にできるかどうかは不明である。 和クロは、「できればみなさんには即急に投稿小説を送ってもらいたい」と話した。


5月19日
シティ、更新頻度「3日」自主宣言 アクセス低下への歯止めか   先日からアクセスの低下に悩んでいるドラえもんシティだが、この現状を打開すべく、シティの更新頻度を三日に一度に増発させることを、ドラえもんシティ市長出木杉英才氏(11)が、19日、明らかにした。 増発を決めた理由としては、ここ最近、平日のアクセスが100人を割るという事態に陥っていた。これには更新頻度が極端に低くなったことが考えられるとして、出木杉市長は更新の増発を決定したという。 よって次回の更新は、予定上22日までとなるのだが、本当に和クロがそんなことができるのだろうか、という疑問の声も上がっている。 出木杉市長は、「和クロには自分からよく言い聞かせておきますから、絶対に更新するでしょう」と話した。 この政策は、7月一杯まで行う予定としているが、和クロには間も無く高校受験が近づいているため、果たして7月まで持つのだろうか、という意見もある。


5月5日
野比のび太氏負傷「収録で…」  先日、市議会議員 野比のび太氏(11)が、市内の私立病院に入院していることが5日、わかった。 市の記者会見によると、野比氏は先日、T木県A尾銅山に劇場撮影のため訪問し、実際に収録している最中、山のガケから転げ落ち、20m下の採掘用坑道に落下した。 医師の診断によると、命に別状はないとのこと。 劇場の製作委員会によると、最新話の収録はもう終了しているので、今回の野比氏の負傷はスケジュールに問題を与えないと話している。 今回収録した劇場の最新話は、早ければ今月中に公表される予定だ。


12月20日
ドラえもんシティ、投稿小説厳選法を可決 先日から議論されている、投稿小説厳選法案が、シティの議会を通過していたことが20日、わかった。この法案は、シティに送られてくる投稿小説を念入りにチェックし、質の良いものだけを掲載する、という法案である。この法案に関しては市民からの反発もあったものの、「上手い小説を選び抜けばアクセス数も増えるし、何より初心者が躍起になって腕が上がるだろう」との声が多く、最終的に満場一致で可決された。 21日から、投稿小説は全て出木杉市長とドラえもん議長を始めとする選考委員会に送られ、掲載の可否を決定することになる。 また、この法案は現在掲載・連載している小説には適用されない。


12月1日
ドラえもんシティindex、近日中に改装予定!? ドラえもんシティホームページ編集担当、サイボーグ和クロの話によると、近いうちにindexの改装を予定しているらしい。改装は12月2日を予定しており、翌日まで延びる可能性があるとのこと。 和クロは、「さらにページを使いやすくして、ご老人の方々や赤ん坊でも迷わないようにしたい。また、今週末中にはドラえもん劇場第17話を完成、掲載させる予定」と話している。


11月12日
ジャイアンバンドグループ、大通り付近でコンサート 警察に検挙  先日から暴挙を繰り返しているジャイアンバンドグループだが、12日、シティ駅前大通りに面する公園でコンサートを行い、周囲で多大な被害が確認された。 今回のコンサートでは、ガラスが128枚割れたほか、3人が昏睡状態に陥り、5人が気絶。その他三十数名が頭痛や腹痛、めまい、吐き気、腰痛、関節痛を訴えた。このほかにも、室内の花瓶が割れたり、テレビの画像が乱れたり、自動車のタイヤがパンクしたり、ウンチがはみ出たりといった被害が出た。警視庁は、業務上過失障害の容疑で調べを進めている


11月7日
出木杉氏ゴミを使ったアート製作「ゴミが人のようだ」  ドラえもんシティ市長、出木杉英才氏(11)が、シティの芸術祭に出品したことが7日、記者会見にて報じられた。 発表によると、出木杉氏は、各家庭からよくでる「ゴミ」を使って作品を作ったらしく、それはある角度から光を当てると人の影が写るという高度な仕組みになっている。出木杉氏はこの作品について、「ゴミが人のようだ」とどこかで聞いたような感想を述べた。この作品は、今日中に芸術祭の審査委員会にかけられ、審査が通れば来月からでも美術館に展示されることが決まっている


10月25日
ジャイアンバンドグループ、こんどはニュータウンでコンサート  先日、駅前で路上コンサートを行い、業務上過失傷害の罪に問われていたジャイアンバンドグループ(仮)だが、25日未明も、シティ東部のニュータウン、グリーンシティにて「おはようライブ」を開き、付近の住民を数名気絶させた事件があった。住民の話によると、25日午前7時ごろ、中央広場にて爆発音が響き渡り、その直後に鼓膜が破れるような超音波が響いたという。合計23人の住人が倒れたが、どれも命に別状は無かった。


10月13日
ジャイアンバンドグループ、初コンサートで大騒動!  先日結成したバンドグループ、ジャイアンバンドグループ(仮)だが、先日シティ駅前の高架遊歩道でコンサートを行ったところ、付近にいた人々が次々と倒れ、何人かが病院に運ばれるという事件が13日、起きた。調べによると、ジャイアンバンドグループは、本日午後1時ごろ、シティ駅前の遊歩道に到着し、そこでメンバー全員による無許可コンサートを開いた。ところが、演奏中に付近を通りかかった通勤途中のサラリーマンやOL、合計23人が次々と倒れ、うち12人が軽い脳震盪を起こし、病院に運ばれている。そのほかにも、遊歩道近辺の建物のガラスが割れたり、クレジットカード・電波時計などが誤作動を起こしたり、駅の電光掲示板の表示がおかしくなったりという被害が報告されており、警察はジャイアンバンドグループに、業務上過失傷害の容疑で調べを進めている。


10月5日
ジャイアン、バンドグループ結成!?  現在、街中で様々な噂が立っているが、どうやらその噂は本当らしい。そのうわさと言うのは、剛田武氏(11)が、バンドグループを作り、定期的なコンサートも行うというものだ。 あくまで始めのうちは噂に過ぎなかったが、このうわさを知った剛田氏本人は、「よっしゃ、みんなが期待してるならやるか!」と勝手に勘違いし、急遽バンドグループを結成。メンバーは剛田氏のほか、桑EEl圭介、ギャア専用Y萬、H・Mなど、雑誌の募集広告で選ばれたアマチュアミュージシャン。


9月1日
劇場、新機材購入予算オーバー? 先日報道した劇場新機材導入について、1日、劇場側が予定より多くの機材を購入して、市の提供限度額をオーバーし、不足分を市の財源から無断で使っていたことがわかった。 機材購入の費用は市から提供されるが、劇場側はあらかじめ決めておいた提供限度額を数万円オーバーして資材を購入。オーバーした分は市の費用を無断で使用して穴を埋めていた。劇場側は、市に使用した分の金額を返済することを約束した。


8月14日
ドラえもんシティ、劇場用の機材を購入予定 8月14日、ドラえもんシティ広報部は、ドラえもん劇場の機材を新しく購入することを発表した。購入予定のものは、道路セット、消防署、コンビニ、ガソリンスタンド、工事現場2セット、その他細かいパーツや車など。 新しい機材は、劇場使用の準備が出来次第使用していく予定だ。


7月29日
剛田武氏、ハッキング容疑で逮捕 先日、ドラえもんシティのHPがハッキングされた事件で、一番の有力容疑者、剛田武氏(11)が、電子計算機損壊等業務妨害罪(刑法234条)で逮捕された。 前日の事件の後、警察の調査による結果、犯人のものと思われる髪の毛が、パソコンの近くから発見され、DNA鑑定の結果、剛田氏のものと一致し、逮捕に至った。 剛田氏は、今も容疑を否認しているが、多くの証拠があるため、恐らく無罪放免は不可能と思われる。


7月27日
☆臨時ニュース☆ ドラえもんシティHP、ハッキングされる! ジャイアン氏の犯行か  本日27日、午後八時五十分ごろ、ドラえもんシティの中央コンピューターにハッキングが入り、HPのindexが書き換えられるという事態が発生。係員が直ちに処置を施したため、事故後10分程で元の状態に復帰した。今回の事故は、剛田武氏が起こしたものらしいが、剛田氏は容疑を否認している。


7月26日
ドラえもんシティ なかなか更新できず 剛田氏の仕業?  先日から、ドラえもんシティの更新がなかなか進まない。小説投票を開始した後から、急激に更新ペースが低下。 ドラえもんシティは、何らかの原因によりパソコンに近づけず、更新できなかったと発表している。 またある説では、剛田武氏(11)の関与も考えられる。「剛田氏がパソコンに何か仕掛けたのかも知れません」、ドラえもんシティ市議会副議長、サイボーグ和クロ氏(13)はこう語る。「市議会議員選挙に出られなかった腹いせということも考えられます。あいつ、結構しつこい性格ですから」と話している。だが他の市議会議員は、和クロ氏がサボっていたのが原因と見ている者もいる。いずれにしても、ドラえもんシティの更新頻度は回復していくつもりだ。


7月22日
ドラえもんシティ投稿小説人気投票、投票終了! 7月10日からやっていた、投稿小説人気投票だが、遂に20日投票が終了。現在、数多くの集計を計算し、順位を決定している。順位は明日発表の予定。 今回のことについて、ドラえもんシティ市議会議長、ドラえもん氏(16)は、「数多くの投票、ありがとうございました。投票終了の発表が遅れたことは、申し訳ございません。現在、係員が総力を挙げて順位を決定しております。お手数ですが、もうしばらく待っていただければ幸いです」と話している。


7月12日
剛田武氏、大暴走  先日、市議会選挙から強制脱退された、剛田武氏(11)だが、12日、ガソリンスタンドの大型タンクローリーを奪って市内を爆走し、病院につっこんで大爆発を起こすという事件があった。 タンクローリーは、ミニドラカンパニーオイル社の保有する車で、ガソリンを補給にきたところ、剛田氏が乗っ取ったと見られている。 今回の事故で、病院内を移動していた、骨川スネオ氏(11)が、全治2ヶ月の大火傷を負い、剛田氏本人も、全治4ヶ月の大怪我を負った。 剛田氏は、「ムシャクシャしていたからやった」と供述している。 骨川スネオ氏は、今回の事故で、病院にさらに長い期間いるはめになり、剛田氏に損害賠償を求めている。


7月10日
ドラえもんシティ、小説人気投票開催!  遂に、あの企画が2年の空白を置いて帰ってきた! 本日正午、ドラえもんシティ市議会議長、ドラえもん氏(16)が、ドラえもんシティ投稿小説人気投票大会を開催することを発表した。 この大会は、このHPができて間も無く行われた後、技術的な問題でしばらく開催できずにいたが、今回就任した、出来杉市長の支援により、開催することとなった。 出来杉氏は、「今回の人気投票がきっかけで、みなさんがより素晴らしい作品を仕上げてくれれば、嬉しいことこの上ありません」とコメントした。 投票は20日まで行われ、後日結果を発表する予定だ。


7月8日
骨川財団仮本社屋 大爆発  昨日から続いていた、骨川一家の立てこもり事件だが、本日午後五時頃、急に室内で爆発があり、付近の灯油タンクに引火、誘爆を引き起こし、骨川財団の仮本社屋が全焼した。中に居た骨川一家が大火傷を負ったが、その他の怪我人は出なかった。 爆発原因は、骨川スネオ氏が、まあまあ棒の乱用によるストレスの体内蓄積が限界に達し、爆発したものと見られている。 今回のことについて、解体作業を受け持つ予定だった、○×工事会社社長、改代飼養氏(68)は、「手間が省けてよかった(笑)」と話した。今回の事件により、骨川財団は遂に倒産する見込みだ。


7月7日
骨川スネオ、立てこもり事件発生  先日、大事故を起こした骨川財団社長、骨川スネオ(11)だが、今日、スネオ氏とその家族が、元社屋に立てこもっていることがわかった。 警察によると、道路公団に支払った損害賠償により、遂に骨川財団は倒産した。しかし、社屋を取り壊す際に、骨川スネオ氏とその親族が、社屋の中に立てこもってしまい、取り壊しができない状態となっている。骨川財団は、本社ビルが崩壊してからプレハブの仮本社屋で経営を続けていたが、骨川ランドの事故損害賠償や、先日の事故の損害賠償により遂に倒産。本日、仮本社屋を取り壊す予定だったが、骨川一家が仮本社屋に立てこもってしまった。 骨川一家は、スネオ氏に「まあまあ棒」を乱用させ、爆発寸前にしているために、警察隊の突撃もできず、現場は緊迫した雰囲気に包まれている。


7月6日
骨川スネオ、自動車大暴走!  骨川財団社長、骨川スネオ氏(11)が、6日、社用車を大暴走させ、遂には車が爆発・炎上する事件があった。  警視庁の操作によると、骨川スネオ氏は、本日午後、自分で車が運転できると言い出し、車を滅茶苦茶に運転させ、なんと高速道路に侵入。ETCの料金所を強行突破し、中央分離帯に乗り上げ、反対車線を逆走し、遂にタンクローリーに衝突。爆発、炎上した。 この事故により、骨川スネオ氏は全治一ヶ月の大怪我。タンクローリーの運転手は、奇跡的にケガは無かった。今回の暴走による損害は1億円に上り、骨川財団の倒産も間近である。


7月5日
市東部のニュータウン 完成  先日から工事を続けていた、市東部のニュータウン、「ニューシティ(仮)」が、遂に工事を終えたことが、5日正午、わかった。 記者会見によると、この工事による負傷者は無く、無事に済ませることが出来たと、市長の出来杉氏は話した。 今回のニュータウン建設は、市東部の農村地帯を、大きく切り開く計画だったのだが、出来杉市長は農村地帯を保存する方針を決定。一部の農家を残し、ニュータウンの住居の一部に定めた。このニュータウンは、「自然との共存」を前提に作られており、ニュータウン内でも動物達が自由に移動できるよう、道路は一部を除き地下トンネルになっている。道はレンガによる舗装等はしておらず、あくまで「自然との共存」を守り抜いている。タウン内では、野生の鹿やウサギなどが生息しており、まさに人間と動物のコラボネーションを生み出している。このタウンについて、ドラえもんシティ市議会議長、ドラえもん氏(16)は、「素晴らしいタウンだと思う。動物と人間の共存は、今後の人間の暮らしにおいても大切なことだから、こういうところがもっと増えてほしいと思う」とコメントしている。 このタウンは、明日から分譲が始まり、即入居可能である。タウン全体の入居者は10万人で、家賃は諸経費込みで3万円〜10万円。全部屋駐車場、駐輪所完備である。


6月21日
ジャイアン、スネオの社用車ひっくりかえす  先日議員選挙から脱退された、剛田武氏(11)が21日、骨川財団の社用車を、何台かひっくりかえす事件があり、警察は剛田氏を逮捕し、取調べを受けさせている。 車は、骨川財団の最後の社用車、トヨタのカローラで、中古車販売店から購入したとのこと。剛田氏は、「(選挙から)脱退させられてムシャクシャしてたからやった」と供述しており、警察は、器物損壊罪で、剛田氏を逮捕する方針だ。


6月11日
議員選挙、ジャイアン撤退!?  先日の市長選挙に続き、市議会議員選挙が間も無く行われようとしているが、なんと、その議員選挙から、剛田武氏(11)が撤退することが、11日、明らかになった。 剛田武氏は、はじめから議員選挙に出るつもりでいたが、市民からの反発が強く、観光者の中でも、「彼が議員になるのはダメだ」という意見があったため、選挙委員が武氏に撤退を命じた。 これに対し、剛田氏は、「ちくしょう! 議員になったら、さからうやつをみんな死刑にしようと思っていたのに!」とコメントした。 議員選挙は、13日から始まり、15日終了の予定。今回の選挙には、観光者に選挙権は無いが、今回の選挙にも、選挙権を取り入れようとする運動もある。


6月某日
ドラえもんシティ選挙、なんと出木杉氏が市長に!  先日おこなった、ドラえもんシティ市長選挙において、なんと出木杉英才氏(11)が当選した。 世論調査は、ドラえもん氏の当選が確実と発表したが、終了24時間前から、出木杉氏が逆転し、そのままドラえもん氏との接戦が続いたが、最終的に出木杉氏が当選となった。 選挙終了時には、出木杉氏が145票、ドラえもん氏が141票という、なんとも接戦的なところだった。 出木杉氏は、「今回の選挙では、ドラえもんといい戦いが出来たと思う。今後は、彼と一緒に、この街をもっと良いものにしていきたい」とコメントした。これに対し、ドラえもん氏は、「僕も出木杉氏とあれだけ戦えてよかった。今後は、市議会議員の議長に立候補する予定です」と話している。 出木杉氏は、街の建設プランの組み立てが上手く、先日のアニメでもその能力を発揮していたため、市東部に新しくできた、ニュータウンの建設計画についても、色々とコテを入れると思われる。


5月29日
ドラえもんシティ市長選挙、やはりドラえもん氏が当選か!?  先日から行われている、ドラえもんシティ市長選挙で、現在のところ、トップはドラえもん氏。次いで、出木杉氏、静香氏、のび太氏と続いている。29日十二時三十分現在、有効投票数は140票で、かなりの投票が集まっている。 ドラえもん氏に対するコメントは、「道具で変えろ」「やっぱり彼」「いろいろやってくれそう」など、なかなか良い評価を得ている。 二位の出木杉氏も、「彼が市長ならこの街の未来はバラ色」「経営上手だから」「やっぱ天才でしょ」という意見が多く、それなりの評価だ。 だが、悲しきかな、ジャイアン氏は一票も得ておらず、このままでは市議会議員にもなりそうにもない。 選挙は、5月いっぱい続く見通しで、この調子で行けば、予想通りドラえもん氏が再就任する可能性が高い。


5月26日
超高速特急列車路線 日本縦断  先日から工事を進めていた、超高速特急列車「クイックトレイン」の路線だが、本日、遂に路線が日本を縦断した。 路線は、北海道の稚内から、九州の鹿児島までの路線となっており、日本で一番長い路線となる。 今回の工事は、自然の生態系への影響が心配されていたが、山林地帯や都市部は(主な名所を除いて)ほとんどが地下トンネルで繋がれた。 この路線の開通により、北海道から九州まで(直通運転の場合)5時間で行くことができ、遠距離旅行の時間短縮に期待されている。さらに大都市の中を走っている路線は、脇にもう一本路線ができており、ここは近郊型通勤電車「クイックシティ」を運行させる予定である。この路線は、スタートダッシュに優れており、最高時速は130kmと特急列車並みの速度が出る。これによるダイヤの短縮も期待されており、日本全国が今回の路線の開通を祝っている。


5月24日
次期市長選挙、遂に開催  本日24日、ドラえもんシティの市長を決定する選挙が、遂に封を切った。今回の選挙は、日本初となるパソコンによるインターネットの投票で、各家庭から立候補者に投票することができる。また、今回の投票は、シティの観光者にも投票権があるため、シティに始めてやってきた人でも投票できる。投票の仕方は至って簡単で、投票する立候補者を選び(できれば投票理由も添えて)、「回答する」ボタンをクリックするだけ。 今回の選挙のシステムについて、市議会議員議長、出木杉英才氏(11)は「インターネットの進歩の象徴的な出来事だと思う。他市町村も、このシステムを是非導入すべきだ」と話している。 選挙は5月いっぱい行われる予定で、市議会は市民の選挙率の向上に期待している。


5月24日
ドラえもんシティ次期市長、ドラえもん氏が有力?   間も無く、ドラえもんシティの次期市長を決定する選挙が開催されようとしているが、今回、当選が確実視されているのは、なんと現市長、ドラえもん氏(推定17)である。 ドラえもん氏は、シティの歴代市長の中でも支持率が高く、なんとシティの90%以上の人が、彼に投票することを決めている。 また、ドラえもん氏のライバルとも言える、骨川スネオ氏(11)は、先日の大事故による資本金の損失により、今回の選挙を脱退した。 今回の選挙には、市民の家の個々のパソコンから、ボタン一つで投票できる「デジタルワンプッシュ」が、全国で始めて導入され、選挙率の上昇が期待されている。 現在のところ、シティの選挙投票率は94%となっており、全国平均を上回ってはいるものの、市議会はさらなる投票率の上昇を目指している模様。


5月17日
骨川財団、資本金100円を切る!  骨川ランドなどで大惨事を出してきた骨川財団だが、15日の中間決算発表で、骨川財団の資本金が100円を切っていることがわかった。 もともと骨川財団の資本金は8千億円を超えていたが、本社ビルの倒壊、骨川ランドの事故、倒産などの影響で、およそ5千億円に及ぶ土地を売却したが、骨川財団の引き起こした事故などによる被害者からの慰謝料の請求が続発し、およそ1千億円を慰謝料にあてた。その後、骨川財団のグループが相次いで倒産し、強引なリストラなどもやっていた模様。しかし、結果的に骨川財団の経営状態は好転せず、今期の経営は初の大赤字。最終的にこのような事態に至った。骨川財団のリストラによる解雇者は7000人以上に上り、経済界に大打撃を与えている。 これらのことについて、骨川財団社長、骨川スネオ氏(11)は、「ウワーン! ママー!」と話していた。 骨川財団は、このままでは倒産してしまう可能性もあり、連携会社は別会社に連携先を変更している模様。


5月8日
ドラえもんシティ、超高速特急列車が開通!  数日前から工事を開始していた、超高速特急列車「クイックトレイン」が、8日12時頃、ドラえもんシティ中央駅〜トーキョーネリマブロック中央駅までの区間(約900km)が開通した。完成式はドラえもんシティ中央駅にて開催され、延べ15万人が参加し、列車の試運転に同行した。この超特急列車の最高速度は、時速529kmで、世界で一番速い列車となる。この列車は、(直通運転の場合)シティからネリマブロックを2時間以下で結ぶ。さらに、Jブロック区役所前、シティ国際空港前などの途中駅も数多くあり、シティの通勤渋滞の緩和に繋がるのではないかと期待されている。この超高速特急列車の建設にあたった、ミニドラカンパニー社長、青えもん(??)は、「一度はこのプロジェクトを骨川財団に奪われたけれど、こうしてもう一度プロジェクトを任されるなんて、夢にも思っていませんでした。二つの街がこんなにも近くできるなんて、自分自身でも信じられません」と話す。今後はネリマブロック以降のシティに線路を拡張していく予定で、完全な開通は数日後になりそうだ。


5月1日
ドラえもんシティ、ジャイアンが大発生  1日、ドラえもんシティJブロック付近において、「小さなジャイアンが大量発生している」と、住民からの通報があり、警察と消防で、異常発生したジャイアンを回収した。 ジャイアンは、午後十一時までには全て回収され、警察は、大量発生したジャイアンの処分を検討している。 ジャイアンが異常発生したのは、市内在住の小学生、剛田武くん(11)が、クローンキッドゴクウを使用したのが原因といわれており、警察は事件の詳細を調査している。


4月24日
東京骨川ランド、遂に閉園  開園から事故が多発し、警察の取調べを受けていた東京骨川ランドだが、24日、骨川財団が、東京骨川ランドの正式閉園を発表した。 骨川財団は、先日からの事故と警察による取調べにより、財団資金の約半分の、約3900億円もの借金ができており、今回、骨川ランドの敷地を売り出し、支出を埋め合わせしようとしているらしい。 だが、現在のところ、東京骨川ランドの敷地全体の値段は、約230億円で、焼け石に水の状態である。 これらのことについて、骨川財団社長、骨川スネオ氏(11)は、「うわーん! せっかく作ったのにー! ママー!」と話していた。 東京骨川ランドは、本日から国の所有地になり、再来月からアトラクションの解体を開始する予定だ。


4月18日
警察署で花火爆発  18日明け方、ドラえもんシティ中央警察署に、郵便局からの小包が届いた。しかし、その小包は、警察官が署内の休憩室のテーブルに置いた瞬間、爆発、炎上した。これにより、付近にいた警察官2名が軽い火傷を負ったが、他に怪我人は出なかった。警察の調べでは、爆発物を調査したところ、骨川財団が以前作っていた花火だったことが判明した。 この花火は、骨川財団が去年発売したものだが、花火に強いショックを与えると爆発を起こす事故が多発していたため、すぐに回収されてしまったものだった。 警察の調べでは、骨川財団による犯行としてみているが、骨川財団社長、骨川スネオ(11)は、「え! そんなわけないよ! 別に骨川ランドから検証員を追い出そうとか考えてないから! ほんとだから!」と容疑を否認している。


4月14日
東京骨川ランド、検証開始  開園から事故が立て続けに起き、現在閉鎖されている、東京骨川ランドだが、14日、遂に警察による現場検証が開始された。 何故事故直後に調べなかったか、と記者が警察に尋ねたところ、「事故直後、現場検証をしようと警官を派遣させても、すぐに追い返されてしまったから」と話した。 このことから、骨川財団社長、骨川スネオ(11)は、業務上過失傷害罪の他にも、多数の罪があることがわかった。 これまでの現場検証でわかっているのは、骨川ランドが手抜き工事だらけなこと、どのアトラクションもメンテナンスをしていないこと、どの建物も適マークがついていないことなどが判明した。 警察は、明日も現場検証を続行する予定であると発表している。


4月13日
東京骨川ランド、警察に検挙  開園から立て続けに事故を起こしている東京骨川ランドだが、13日、再び「絶対絶命な都市」にて、男性が足の骨を折る事故があり、警官が施設の一時閉鎖を骨川財団に指示したところ、「我々は何も悪くない」との返答があり、警官隊が検挙を決定。 約二時間にわたる逃亡戦の末、骨川財団社長、骨川スネオ(11)、他2名を業務上過失傷害罪の疑いで逮捕した。 事故について、骨川社長は、「僕等は悪くないのに、なんでつかまえるんだよー、ウワーン!」と話していた。 現在、東京骨川パークは完全閉鎖されており、警察は、パークの処理について検討している。


4月11日
東京骨川ランド、再び大事故  開園から、相次いで事故を起こしてきた、東京骨川ランドだが、11日の午後三時、「肩もみゲーム」に使う、巨大相撲取りのロボット(高さ11メートル、重さ23トン)が付近の国道に転倒し、停車中のバスを下敷きにした。 今回も、(バスが空だったため)幸いにも死傷者は出なかったが、もし、またこのような事故があれば、警視庁は直ちに東京骨川パークに閉鎖命令を出すだろう。 だが、骨川財団社長、骨川スネオ(11)は、「僕等は全然悪くありません。だから閉鎖しないよーん」と話した。 東京骨川パークの来客者は、開園から三日たった今でも合計102人という少なさで、このままでは差し押さえの可能性もあるようだ。
 


4月10日
東京骨川ランド 事故相次ぐ  先日オープンした東京骨川ランドだが、9日、巨大パイレーツの柱が折れる事故があり、乗っていた3名全員が意識不明の重体となった。 また、同日、アトラクション「ビックリトレーラー」が近くの県道に倒れたり、アトラクション「ピアノ乗って」の中でピアノの弦が切れたり、恐怖の神社の中の洞窟で崩落事故があったりと、危険な事故が相次いだ。幸い、これらの事故の死傷者は出ていないが、警察は、東京骨川パークに、骨川パークの一時閉鎖を呼びかけている。だが、これに対して、骨川財団社長、骨川スネオ(11)は、「来たお客さんが悪いから、パークの閉鎖はしません」と、なんとも身勝手なコメントをした。開園から10日正午現在の来客数は、未だに100人を超えておらず、東京骨川パークは、何故来客者がこれほど少ないのかと悩んでいる。


4月9日
東京骨川ランド、来客者数 予想を下回る  先日オープンした、骨川財団所有「東京骨川ランド」だが、来客者は開園から9日午後12時まで31人しか来ておらず、骨川財団が出した、予想の1億人を遥かに下回った。このことについて、骨川財団社長、骨川スネオ(11)は、「予想来客数は僕が計算したんだから、間違いありません」と話していた。 だが、一部の専門家は、これからも骨川ランドの来客者数は1億人を達成できないのではないかと解析している。 東京骨川ランドは、本日午後からイベントなどを本格的に開始し、来客者の増加を目指すつもりだ。


4月8日
骨川財団 東京骨川ランドを開園  現在、ミニドラカンパニーグループに属している骨川財団だが、8日、東京骨川ランドを開園したことを発表した。 東京骨川ランドは、骨川財団の象徴のシンボルとして計画され、2000年着工開始。今年2月に建設が終わり、8日オープンとなった。 園内には、高級料理が山ほど食べられる「レストラン ホネカワ」や、超低速ジェットコースター「ホネンパ」、骨川財団の販売物が全て売っている、「フレンドリーショップ スネチャマ」などがある。 また、園内の巨大劇場では、平日は映画館、休日は骨川財団主催のミュージカルなどが開催される予定だ。 このパークについて、骨川財団社長、骨川スネオ(11)は、「みんな、絶対こいよ! こないとひどいぞ!」と元気に話してくれた。 また、ドラえもんシティでは、東京骨川ランドの特集を開催しているので、そちらの方も目を通してもらいたい。 (※)

※ 既に特集は終了しております。ご了承ください。


4月7日
ドラえもんシティの学校、始業式を開催  本日、4月7日は、ドラえもんシティの学校の学期初めの日で、一部の私立を除く、市内の全23校が始業式を行った。中でも市立ドラえもんシティ中央小学校では、付近の住民を含む2842人が始業式に参加し、体育館は一時入場制限が設けられた。 また、各学校の入学式の日は、本年度は4月8日となっている。今回、進学した児童及び生徒達は、入学式の準備を急いでいる。


4月3日
骨川スネオ、硬貨排出  先日、1アメリカ$硬貨を誤飲した骨川スネオだが、3日早朝、遂に硬貨が排出された。 硬貨は、かなりの間体内にあったこともあって、少し痛んでいた。 骨川スネオの命には別状はなく、医師の話だとすぐに退院できるとのことだった。 今回のことについて、骨川スネオは、「これからは金貨チョコは食べないようにします」と、にこやかに話してくれた。


4月?日
骨川スネオ、以前硬貨排出せず  先日、1$硬貨を飲み込み入院していた骨川スネオ(11)だが、依然として硬貨は体内から出てこない。現在もあらゆる手を試みているが、硬貨は腸のひだに引っかかっており、なかなか排出されないでいる。 だが、飲み込んだ直後と比べると、だいぶ排出口に近づいたので、そろそろ出てくるのではないかと思われる。 骨川スネオは、1アメリカ$硬貨を誤飲し、入院中であった


3月30日
骨川スネオ、入院する  先日、元骨川財団社長、骨川スネオ(11)が誤って1$硬貨を飲み込み、病院に運ばれた。 スネオは、事故当時、おやつを食べている最中で、金貨の形をしたチョコレートと食べ間違えたと思われる。 1$硬貨は、骨川パパ(??)が海外貿易の際の資金の一部だった。 骨川スネオは現在、硬貨を取り出そうと様々な方法を試みているが、一向に硬貨は体内から排出されていないため、骨川スネオの復帰は時間がかかりそうだ。


3月29日
ミニドラカンパ二ー、新製品を発表!  ミニドラカンパニーは、昨日、新製品「ウィンドラズ2112」を、今秋発売することを発表した。 ミニドラカンパニー社長、青えもん(??)によると、「高性能なマシンを、一般家庭の皆様にも便利に使ってもらうために、全力を尽くした製品です。是非お買い上げください」と話していた。 値段は、現在のプランではディスプレイ込みで8〜13万ほどの低価格で、mindowsを超える高機能スペックを搭載したモデルとのことだ。 この発表により、ミニドラカンパニーの株価は急上昇し、本日の株価始値2,935円だったのが終値3,206円と、+271円となった。


3月27日
ミニドラカンパニー、骨川財団を吸収  先日、本社ビルの崩落により、大損害を受けた骨川財団が、脱退したミニドラカンパニーに吸収合併されていたことが、27日わかった。 骨川財団は、23日、本社ビルが火災にあい、24日にはビルが大崩壊を起こすという大惨事になり、約167億円の大損害を出した。 それを見かねたミニドラカンパニーは、財団内で社員を次々と集め、昨日の時点で骨川財団の83%以上がミニドラカンパニーに属していた。 骨川財団社長、骨川スネオ(11)は、「ウワーン! こんなのないよー! ママー!」と話していた。 ミニドラカンパニー社長、青えもん(??)は、「これからも、ミニドラカンパニーを皆さんの身近な存在にするため、がんばります」と話していた。


27日以前のログは紛失してしまいました。申し訳ございません。

戻る