第1話 開始
   〜スタート〜


「・・・ん・・・・?」
のび太が目を覚ました時にはすでにバスから降ろされていた。
ここは・・・・何処・・・・?」
のび太が起きた後、次々と他の方も起き始めた。
「うーん・・」
「あ?ここ何処だよ」
ーん・・」
全員が状況を読み込めてない様子だった。
「はーい皆さん。こっちこっち」
誰かが手をパンパン叩いた。全員、そっちを向いた。

「今から皆さんに殺し合い
して貰います」

誰も、何の反応もしない。
全員、何が何だか分からない。
そのうち一人の少年・安雄が、叫んだ。

「殺し合いって一体・・・」



軽い音が響き、安雄は何も喋らず、その場に崩れ落ちる。
一番初めの理解者であり、一番初めの犠牲者であった。

「ほ・・本当に・・殺しちまった
小池さんが呟いた。
「では、皆さんに武器を支給します」
そう言って男は持っていたトランクを開いた。
「そんなこと、させてたまるか!」
ドラえもんはそう怒鳴り散らしポケットに手を入れた。

   バチィ!

「ポケットが使えない!」
どうやら時空間をいじられたらしい。
「どうします?参加するか、死ぬか」
「強制参加ってワケか・・」

【そして開始時刻】

  つづく

 

前へ

次へ

戻る