1話 スネ吉

自分の車の点検が終わってほっと一息のドラえもん。愛車のランボルギーニ・ムルシエラルゴはピカピカ。

ドラ「ふう。点検が終わった.寝るか」

ルルルル・・ルルルル・・電話が鳴っている。

ドラ「ママア!電話だよおお!」

ママは出かけている事に気が付いた。

ドラ「しゃあないな.」ガチャン!

ドラ「Hello?いやいや、もしもし?」

のび太「ドラえもんかい?ちょっと頼みたい事があるのだけど・・・・今ね、隣町の公園にいるのだけれどね・・・スネ夫のラジコン、壊しちゃって。弁償すれば許すって言っているけれど・・・その賠償金4000円を持ってきてくれるかなあ?」

ドラ「おいおい・・・・。わかった。僕の給料で我慢しよう.今行くから待っていて。」

ブオンブオン!ブロロロロロロロロロロロ!ドラえもんは車で向かった.そして到着。

ドラ「ここか。おーい!のび太君!」

のび太「ああ!来た来た。ごめんごめん」

スネ夫「ドラえも―ン!のびたのせいで壊れたのだよ!直してよ!」

ドラ「分かっているって.はいこれで。」

スネ夫「それとこう言っちゃ何だけれど・・・・大学生のスネ吉兄さんがドラえもんに会いたいってさ。」

ドラ「え?ああ・・わかった。」

スネ夫は2人をスネ吉の部屋に案内した.その時のスネ吉はなぜか様子がおかしかった.

ドラ・のび「どうしたのですかね〜?お兄さん」

スネ吉「ドラえもん、君はムルシエラルゴのオーナーだと聞いたのだが・・・」

ドラ「へえ。そうですがね。」

スネ吉「そして、君はあの西東京の霧深峰峠(架空)で朝、霧が濃厚の時に走って見事敵を負かせたそうだねえ。」

ドラ「ああ、いたいた。急に勝負しろという馬鹿が出てきて、結局勝ったのは僕だった。」

スネ吉「馬鹿だとおおお!俺の友達に何を言うか!友達はお前のせいで・・・あの峠で走る事ができなくなったんだぞ!今は他で走っているけれど・・・」

ドラ「何いってんだい!あの峠の地理も知らず、いきなり卑怯な走行をされて・・・こっちが勝ったら今度は俺が犯罪者かい?俺もあいつのせいで峠から落ちるところだったんだぞ!」

スネ吉「うるさい!俺とあの峠で勝負だ!今夜8時!峠の入り口の霧深橋に来い!」

ドラ「あんたの車は?」

スネ吉「見よ!この輝かしい姿を!」スネ吉は自分のガレージを開けた.

ドラ「ほう。カウンタックLP500Sか。バランスはいいが・・果たして勝てるかな?」

のび太「凄そうな車。」

 

 

 

参考資料(スネ吉の車)

 

ランボルギーニ・カウンタックLP500S 

モデル    LP500S_LHD(MT_4.8)

メーカー希望小売価格)   27,500,000

エンジン型式      

エンジン              V型12気筒

動弁機構              DOHC

バルブ数              2

総排気量(cc    4754

ボアxストローク(mm 85.5 69

圧縮比    9.2

最高出力(ps/rpm          375 / 7000

最大トルク(kgm/rpm   41.8 / 4500

燃料供給装置       キャブレター

使用燃料              無鉛プレミア

燃料タンク容量(L        120

トランスミッション           5MT

60km/h定地燃費(km/L        

 

型式 

駆動方式 MR

ドア数 2

全長 (mm) 4140

全幅 (mm) 2000

全高 (mm) 1070

ホイールベース (mm) 2450

最低地上高 (mm) 125

トレッド前 (mm) 1490

トレッド後 (mm) 1605

乗車定員() 2

車両重量 - AT(kg) 

車両重量 - MT(kg) 1510

最小回転半径 (m) 

サスペンション前 ダブルウィッシュボーン

サスペンション後 ダブルウィッシュボーン

ブレーキ前 ベンチレーテッドディスク

ブレーキ後 ベンチレーテッドディスク

タイヤサイズ前 205/50R15

タイヤサイズ後 345/35R15

 

 

続き

スネ吉「しかも俺はターボチャージャーを加えたから最高出力501馬力!トルクは50.8kgm.それでもムルシエラルゴにはかなわないが、他の装備もつけてある.ムフフ」

ドラ「ふふふ。これは楽しみだな.

1話終。第2話をお楽しみに.(できるだけ早めに作成します.