第3章〜little star wars 2




ド「まったく、スネオめ・・・・」
ドラえもんたちは、すでに宇宙にいた。
ジ「なあ、俺たち、スネオの基地に入って、生きて出てこられるかなあ・・・・」
ド「おそらく、生きては出られないだろう・・・・」
ジ「・・・・」
出「それでも、地球を守るために戦おうよ!」
皆「オーッ!」

ス「ドラえもんたちは、相当の力を持っていると思われる。皆のもの、心してかかれ!」
「オーッ!」

ツキ トウチャク マデ アト 10 プン デス
ド「みんな、いくよっ!」
皆「オーッ!」




ス母「スネちゃま、あのドラ猫どもがやってきたザマスよ!」
ス「直ちに抹殺せよ!」
ス父「全員、直ちに戦闘体勢に入れ!」
「オウッ!」

ド「うわっ!兵士があんなにいっぱい!」
し「ゆうに10万人はいそうだわ!」
ジ「よし!一気にやっつけるぞ!」
ド「ミサイル発射!」
パシュウ!
ドカアン!
「わーっ!」
「ずひゃーっ!」
ス「あわてるな!落ち着け!」
ジ「よーし、俺だって・・・・マシンガン発射!」
バババババババババババ
「ギャーッ!」
「うしゃーっ!」
ド「第5班!援護!」
「OK!」
バババババババ
「どひゃーっ!」
「アラモーッ!」
出「よし、入り口が開いた!」
ド「援護部隊以外の部隊は入り口から中へ!」
「オウッ!」

ス父「スネオ!とうとう基地のなかに入ったぞ!」
ス「位置は!?」
ス父「28番出入口から入って、143番通路に侵入したぞ!」
ス「早く、内部特殊部隊を送り込んで!」
ス父「いや、42番通路に入った・・・」
ス「なら、42・・・」
ス父「いや、132番通路に入ったな、いや、24・・いや、162・・いや、4・・・・」
ス「ええい、こうなったら・・・・パパ、マイク!」
ス父「これか!」
ス「ええ、あー、あー、ドラえもんたちに告ぐ!さっさと撤退したほうが身のためだぞ!そうでなきゃ、僕は最終手段を行うぞ!」
その時だった!
バリーン!
スネオの部屋のでっかい窓がぶち破られて、小型戦闘船が入ってきたのだ!
中には、ドラえもんが乗っていた。
ド「最終手段だか優柔不断だか知らないけど、僕たちは、のびた君と地球を守りにきただけだよ!」
ス「なにおっ!こうなったら・・・・全部の入り口をロックせよ!」
ド「何!?」
ガガガガガガガガ・・・・
ドカーン!
ス「ふっふっふ・・・・これで、君たちの逃げ場は無くなった・・・・」
ド「くそっ!」
ドラえもんは、急いでスネオの部屋から出て行った。

出「ええっ!」
ジ「それ、本当かよ!」
し「うそでしょ!」
ド「残念だけど、嘘じゃないんだよ。入り口は全て閉鎖された。」
・・・・
ジ「それなら、相手だって逃げられないってことじゃねえか!」
出「そうか!徹底的に追い詰めればやっつけられるよ!」
し「まだ、望みはあるのね!」
ド「そうだね!よし!みんな、あちこちに分散して敵をやっつけよう!」
ジ「ちょっとまった。ドラえもんの道具がないと心細い。」
ド「そうか。それなら・・・・『ドラキュラセット』!」
皆「なに、それ?」
ド「これを身につけると、ドラキュラになれるんだ。だけど、血を吸い取るんじゃなくて、記憶を吸い取るんだよ。」
ジ「おおっ、ということは、これを使ってスネオの手下ということを忘れさせろと!」
ド「そのとおり!そして、スネオが悪いやつみたいなことを吹き込んでおけば大丈夫だよ!」
出「それはいいアイディアだね!」
ド「よし!みんな、いくぞう!」
皆「オーッ!」

ジ「まてえ!」
ドカーン!
「うわあー!」
「ブエシー!」
ジ「おらあ!」
ガブッ
「あれ?」
「なにしてんだ?俺たち・・・・」
ジ「スネオに操られていたんだぜ!」
「スネオ?」
「なんだかよくわからないけど、いやなやつ!」
ジ「そうだ!スネオは独裁者だからぶっ倒せ!」
「オーッ!」
出「えいっ!」
ガブッ
「あれ?」
「???」
ガブッ
ガブッ
ガブッ
「はれ?」
「レレレ?」
「はああ?」
「?」
「???」
「あれりゃ?」

ス母「大変ザマスよ!どんどん兵士がドラネコ側につき始めてるザマス!」
ス「きっと、『ドラキュラセット』だな・・よし、兵士に、特殊な防護服を着させよう!」

ジ「ドラえもん!だめだ!『ドラキュラセット』がきかなくなってきた!」
出「こっちもだ!」
し「わたしのほうも!」
ド「きっと、スネオが感づいたんだな・・・・よし、これからは戦闘船から一歩も外に出ないようにしよう!武器は、レーザーやマシンガン、コンピュータールームみたいなところでは、ミサイルを使ってくれ!」
皆「オーッ!」




ス父「大変だ、基地のコンピューターが壊れ始めている!」
ス「どれくらい壊れているの!?」
ス父「通路・倉庫移動装置が全滅している!防御装置も!通信機は・・・・まだ動くけど、80%がダメになっている・・・・」
ス「くそっ!ドラえもんめ・・・・」

ド「もうそろそろ、コンピューターもうダメになってきたところだろう・・・・みんな、のびた君を探そう!」
皆「オウッ!」

ス「今のドラえもんたちの状況は!?」
ス父「今のところ、のびたをさがしているらしい・・・・」
ス「フフフ・・・僕の部屋にのびたを監禁しているとは、誰にも気づけまい・・・・」
その時だった!
ヒュウウウウウウウン!
ス「うわっ!何だ何だ!?・・・・なんだ、ドラえもんか。」
ド「スネオ君!のびた君をどこへやった!」
ス「しらねーよ、自分で探せば〜?」
ド「これ以上のびた君を開放しないというなら、自爆装置を仕掛けるぞ!」
ス「嘘つけ〜!こんな缶詰状態で自爆装置なんて作動させたら、おまえたちの方だって・・・・」
ド「僕が嘘をついているかどうか、思い知らせてやる!」
ヒュウウウウン・・・・
ス「・・・・どうせ嘘さ!」

ド「と、言うわけなんだ・・・・」
ジ「OK!今すぐ自爆装置を作動させて、宇宙にドでかい花火を打ち上げようぜ!」
出「だけど、自爆装置を作動させて、あとはどうやってここから脱出するかだよね・・・・」
ド「それなら、心配ご無用。僕が考えておくから!一応、外との通信もできるから、外の部隊も避難できるよ。」
し「とりあえず、自爆装置を探しましょう!」
出「僕が、さっき自爆装置らしきものがある部屋を見つけたよ!」
ド「よし、そこを見てみよう!」
ヒュウウウン・・・・

ス父「どうやら、あいつら自爆装置の部屋に向かっているなあ・・・・」
ス「何!?急いで、自爆装置の・・・・」
ス父「いや、もう遅いぞ、スネオ・・・・」

ド「・・・・これでよし・・と。1時間後に爆破するよ!」
ジ「よし、早く脱出しよ・・・・」
ド「ジャイアン!のびた君が先!」
ジ「そっか・・・・だけど、1時間で探せるかなあ・・・・」
ド「やってみなけりゃわからないよ。とりあえず、のびた君をさがそう!45分後にここに集合!」
皆「おうっ!」

ス「くそっ!本気だったんだな!」
ス父「自爆装置の解除は・・・・」
ス「早く解除しないと・・・・」
ス父「ダメだ、コンピューターがぶっ壊れてる。解除できない!」
ス「ええーっ!」
ヒュウウウウウン!
ス「わーっ!またドラえもんが入ってきた!」
ド「スネオ!早くのびた君を出せ!」
ス「(呼び捨てかよ・・・・)やだね!」
ド「こうなったら・・・・ミサイル発射!」
バシュウ!バシュウ!
ス「モゲゲー!」
ドカアアアアアン!
すると、スネオのいたところの後ろの壁が崩れ、のびたが出てきた。
の「ド、ドラえも〜ん・・・・助かったあ・・」
ド「早く逃げよう!自爆装置を作動させたんだ!」
の「ええっ!」
そして・・・・
バクハ 15 フンマエ
ジ「よっしゃあ!のびたが見つかったか!」
の「うん!みんなありがとう!」
出「早くここから出ようよ!」
し「そうね!早く出ましょう!」
ド「そうだね!急いで出よう!」
ジ「どうやってここから出るんだ!?」
ド「スネオが脱出するときに、こっそりスネオと脱出するのさ!」




スネオ一家は、専用電動車に乗っていた。
ス「早く!脱出ポットへ!」
「おおい!スネオ様!」
「待ってください!」
「私たちも乗せてください!」
ス「うるさい!もう定員オーバーだ!」
「そんな事言わずに!」
「のせてください!」
ス「おまえらみたいな下っ端はジャマなだけだ!」
「そんなあ・・・・」
ス「うるさい!おまえらなんてどうでもいいんだ!俺様さえよければ!」
「・・・・」

ド「急いで!あそこにいるぞ!」
の「そんな大きな声を出したら、バレちゃうよ!」
ジ「バカ、透明マントには、防音機能もあるんだよ!」
出「それにしても、スネオ、ひどいねえ・・・・」
し「部下に、『おまえらなんかどうでもいい』なんて・・・・」
ド「このまま逃がすわけにはいかない!」
スッ
の「あっ!」
ド「どうしたの!?のびた君?」
の「今、なにか壁に貼ってあったよ!」
ド「なんだろう?・・・・あれかな?」
出「案内板みたいだ・・・・」
ジ「なになに、『脱出ポットまであと500メートル』・・・・」
し「逃げられちゃう!」
ド「急げ!」

ス「早く脱出だ!」
ド「そうはいくか・・・・!」
なんと、透明マントがはがれてしまった!
ス「ドラえもん!」
ド「スネオ!もう逃がさないぞ!」
ス「くっ!」
ジ「スネオ!このやろう!」
ジャイアンは、スネオの顔面めがけてパンチをくりだす!
が!
ス父「はっ!」
ジ「ぬおっ!」
なんと、スネオのパパが受け止めた!
ス父「はああ!」
ブオッ!
ジ「うわあっ!」
ジャイアンは、スネオのパパの気孔で5メートルほどふっとんだ。
ス母「我々骨川一族にはむかうものは、死、あるのみ!ザマス!」
の「なぜ、スネオ達は世界を征服しようとするんだ!」
ス「それは、骨川一族は、昔の世界の支配者だったからだ!」
皆「!!?」

ス父「太古の昔、人間の中で一番繁殖していたのが、我々骨川一族なのだ!」
ス母「やがて、貴族の手下や武士に数を減らされ、やがて忘れられていったザマス。」
皆「・・・・」
ス一家「と、いう嘘をついてみた。」
プチッ
ジ「こんにゃろお!!」
ス父「はああっ!」
ブオッ!
ジ「うわああっ!」
ド「ジャイアン!」
ス「ふっ、もうそろそろ爆破の時間だ。それでは、皆のもの!さらばだ!」
の「まてっ!」
ス父「はああああああっ!」
皆「うわあああああああ!」
ス「ドラえもん、のびた、ジャイアン、そして静香ちゃん、これでサヨナラだ!」
ス母「スネちゃま!はやくポットに乗るザマス!」
ス「さらばだ!」
ギイイイ・・・・バタン!
ス父「ドアは閉めたか!?」
ス母「OK!脱出するザマス!」
ス父「脱出!」
ドドオン!
ス「わーい!脱出したぞ!」
ス父「よし、ここまでくれば大丈夫だろう!」
ドカアアアアアアアン!
チュゴオオオオオオオオン!
ス父「・・・・ちっ、あいつらのせいで、征服計画が狂ってしまった・・・・」
ス母「なあに、もう邪魔者はいなくなったし、基地はまた作ればいいザマスよ。」
ス「そうだよ、パパ!また、世界征服目指そう!」
ス父「そうだな♪
 

戻る