小説の「ドラえもん」

戻る

(主な登場人物)


カッコ内は、小説の時の省略名。


のびのびた(の)通称のびた

ドラえもんがいなくちゃ、何も出来ない少年。

最近反抗期に入った11歳。

よく、ジャイアンやスネオにいじめられる。

普段はドラえもんに助けてもらっている(母親は頼りにならない)。



ドラえもん(ド)通称ドラ

彼がいたからこそ、のび他の将来は幸せになれた。

神からの頂き物の様にのびたママは扱う。

実は人間で言う17歳。

眠いと気が荒くなる。




のび玉子(マ)通称ママ

人のものを勝手に燃やしたり、ミニチュアをドラに投げつけたり、動物虐待と、非常に乱暴な性格の母親。

それでも、片隅でのびたを愛している。

40歳前後だろうか(普段は30と、年齢詐欺をしているらしい)。

眼鏡を取ると、かなりの美人(らしい)。




源静香(し)通称しずかちゃん

ちょっと前までは大人しかったが、のびたの関係に不満があり、少しずつ乱暴になってきている。

一日に三回お風呂に入る、驚異の綺麗好き(それとも汚れっぽいのか)。

だが、それが裏目に出ることもある。

バイオリンの演奏は天才的に下手!

11歳。
 



剛田武(ジ)通称ジャイアン


かなりの乱暴者。

だけど、映画に出るたびに、結構いいやつになる。

でも、やっぱり乱暴でいやなやつ。

母ちゃんと一緒に、剛田雑貨店をやっている。

自分の歳は35歳と、嘘をついたことも。

11歳。
 


骨川スネ夫(ス)通称スネオ

ある時、ドラえもんを買収して、地球制服を企んだ事があるかなりの野心家。

何所の隙間なく悪いやつ。

骨川家はかなりの大金持ちで、軍隊まで持っている。

骨川一家の財産と所有領土の拡張と、骨川一家の邪魔者の抹殺が主な任務である。


スネオ軍

陸軍中心の中規模な軍隊。

普段の適切な訓練により、兵士の戦闘の対応力は強い。

また、陸軍のほかに小規模な飛行部隊を所有しているが、

普段の練習量は極端に少なく、あまり良い部隊ではない。

装備・・・・・歩兵部隊     30人1組57組  ピストル 連射銃 一部ロケットランチャー

       戦車       30機     350ミリ砲丸 30ミリマシンガン
 
  ロケットランチャー     10機     ロケットランチャー

    戦闘機(N-15のみ)  5機     バルカン砲 ミサイル二発
 






校長先生

児童を奴隷のように扱う、悪いやつ。

教師のほとんども校長先生を嫌っている。

金使いが荒い。

大量の資金を投じて、学校を大改造したらしい。

これまでには、

・外部へと通じる通路の閉鎖システム

・各廊下及び部屋に赤外線センサーと監視カメラ

・校長室の非常用脱出口

・ロボット破壊兵器収納庫

が確認済みである。

戻る